nicolive-logo
  • 18,678
  • 7,027
コメント

ニコ生×デモクラシー・ナウ!「タックスヘイブンの闇」グローバル経済の中枢にあるのは巨大なブラックボックス

公式
(1時間52分)
ニコ論壇提供:株式会社ドワンゴ
大企業と大金持ちの税金逃れ
増税や公務員削減の前にどうにかしろ!

ずばりと物事の本質に迫るニュース番組として高評価を得る、
アメリカの独立系報道番組『デモクラシー・ナウ!』
ニコ生では、この革新的なニュース番組をトークと共にお送りしていきます。

今回のテーマは、「タックスヘイブン」

ヨーロッパでもアメリカでも国の財政危機を理由に吹き荒れる、
社会福祉の切り捨て、公共部門の人員削減,、大量失業の嵐。
原因をつくった金融機関は公的資金で救済されて焼け太り。
大企業も公共サービスを享受しながら租税回避が当たり前に……。
そのしわ寄せを受けるのは、まさに一般国民です。

こんな事態を招いた要因は、
1970年ごろから台頭したグローバル金融システム。
その根幹にあるのが、世界中に散らばるタックスヘイブン
国の外に事業を移し(オフショア)、租税も規制も免れられる特別な領域です。
単に税金逃れを助長するだけでなく、法律の抜け穴をつくり、
情報隠しの手段を提供して犯罪の温床となり、
しまいには国家の法規制を換骨奪胎する恐ろしい存在だとの指摘があります。

しかし、オフショアは離れ小島ばかりとは限りません。
タックスヘイブンの歴史を調べたニコラス・シャクソンによれば、
いまやロンドンのシティもウォール街も、それ自体が巨大なタックスヘイブン。
透明性を謳う市場主義経済の心臓部はブラックボックスなのです。

タックスヘイブンとは、いったい何なのか?
闇に復活したイギリス植民地帝国?
社会や経済への悪影響は?

今回のニコ生×デモクラシー・ナウ!では、
租税逃れとそのシステムについての映像を2本お送りしたあと、
経済学者の中山智香子氏と金子勝氏を、
スタジオにお招きして詳しいお話を伺います。

税金逃れをする巨大企業を名指しで糾弾するアンカット運動とは?
なぜ金融の中枢がタックスヘイブンになるのか?
オフショアの弊害が招く大きな問題とは?

どうぞお見逃しなく!


番組では、ユーザーの皆さんのご意見・ご質問をご紹介いたします。
プレイヤー下のメールフォームよりお寄せ下さい。
Twitterをご利用の方は、ハッシュタグ #nicoron をご利用ください。

【スタジオ出演】
中山智香子(なかやま・ちかこ)
東京外国語大学総合国際学研究院教授。専門は経済思想史。著書は 『経済戦争の理論: 大戦間期ウィーンとゲーム理論』(勁草書房2010年)、 『アルジャジーラとメディアの壁』(岩波書店2006年 石田英敬・西谷修・港千尋と共著)など。

金子勝(かねこ・まさる) 
1952年生まれ。東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。法政大学経済学部教授などを経て、現在、慶應義塾大学経済学部教授。専門は財政学、制度の経済学。最新刊は『「脱原発」成長論――新しい産業革命へ』(筑摩書房)。その他の著書に『市場と制度の政治経済学』(東京大学出版会)、『反経済学』(新書館)、『セーフティーネットの政治経済学』(筑摩書房)、『新・反グローバリズム』『市場』(岩波書店)、『逆システム学』(共著、同)、『粉飾国家』(講談社)、『新興衰退国ニッポン』(共著、同)などがある。

中野真紀子(なかの・まきこ)
司会、デモクラシー・ナウ!ジャパン代表。

【今回の特集映像と出演者】
エイミー・グッドマン(Amy Goodman):ジャーナリスト、デモクラシー・ナウ!司会&総責任者
◯企業の税金逃れを糾弾するアンカット運動
ブランドン・ジョルダン(Brandon Jourdan)&マリアンヌ・メクルバー(Marianne Maeckelbergh):ロンドンの街頭からビデオ報告
ヨハン・ハリ(Johann Hari):英国インディペンデント紙のコラムニスト
アリソン・キルケニー(Allison Kilkenny):ニューヨークのシティズン・ラジオ(Citizen Radio)の共同司会者。『ネイション』誌のブログで米国のアンカット運動(US Uncut) について報告
◯「タックスヘイブンの闇」~オフショア金融はグローバル経済の中心
ニコラス・シャクソン(Nicholas Shaxson):英国のジャーナリスト、『タックスヘイブンの闇 世界の富は盗まれている』の著者。

※ 特集映像は、米国Democracy Now!で現地放送用に編集されたものです。
※ この放送のタイムシフト視聴期限は 2012年5月13日となっています。ご注意下さい。

■過去の放送
[10月: ウィキリークス特集]
「<完全版初公開>アサンジ×ジジェク対談」(10月6日放送)
「アイスランドは情報天国をめざす」(10月27日放送)
[11月: ショックドクトリン特集]
ナオミ・クラインの「ショックドクトリン」(11月8日放送)
ウォール街を占拠せよ!反グローバリズムの旗手ナオミ・クライン(11月27日放送)
[12月: アノニマス特集]
アノニマスの正体~源流は日本のネット文化にアリ?!~(12月15日放送)
ハクティヴィズムと情報統制(12月20日放送)
[1月: ペンタゴン・ペーパーズ]
ペンタゴン・ペーパーズ~国家最高機密文書を公開した3人の男たち~(1月27日放送)
[2月: 原子力ルネサンス]
世界に広がる『原子力ルネサンス』という壮大なペテン(2月24日放送)
[3月: メキシコの軍事化]
メキシコの麻薬戦争と盗まれた大統領選挙(3月29日放送)


■URL
『デモクラシー・ナウ!』HP: (日本語) (英語)
デモクラシー・ナウ!ジャパン Twitter: @democracynowjp

■Twitter
ニコ論壇公式アカウント:@nicorondan
ハッシュタグ: #nicoron




■エイミー・グッドマン(『デモクラシー・ナウ!』創立者)
エイミー・グッドマン