This program ended on 06/09/2012 (SAT) 29:25 .

Uh oh! Miss a program? Sign up for Premium Membership today and watch it right now!
Register for Premium Membership and watch this show now!

ニコ生ノンフィクション論in沖縄「沖縄ブームは本当に終わったのか?」

Floor Guide

Jun/09/2012 (SAT) Opens: 26:50 Starts: 27:00
This program ended on 06/09/2012 (SAT) 29:25.
Views: 15101 Comments: 8988
復帰から40年、沖縄の若者たちと共に、
[沖縄]を伝え続けてきたメディアの現場から考える


部落、犯罪被害者、ペット殺処分、ネット右翼、
風俗街、セックス、宗教、自殺、震災……。

ノンフィクションライターの藤井誠二が、
話題のノンフィクション作品や書き手を通じて、
さまざまな「日本の問題」を取り上げる『ニコ生ノンフィクション論』。

今回のニコノンは沖縄スペシャル第3弾として、沖縄から生放送
[沖縄ブーム]という事象から復帰40年を迎える沖縄を考える。

青い海に白い砂浜、青い空に映えるシーサーと赤瓦、
ゴーヤ、島唄、ハイビスカス……。
自然や人情に癒しのイメージを求め、
沖縄の音楽、映画、料理は全国ですっかり人気となった。
移住ブームまで巻き起こるほどの、魅力あふれる南の楽園。

その一方で、在日米軍基地の74%が集中し、
普天間基地移設問題や少女暴行事件を始めとして、
政局をも揺るがす土地としても全国的に知られている。

南の楽園としてのイメージと軍事基地という現実、
この二重性のなかで沖縄ブームはつくられてきた。

そもそもいつから、なぜ、どのようにしてブームが始まったのか?
ウチナンチュ(沖縄人)はこのブームをどう捉えてきたのか?
今となってはもう終わったとも言われているが、
果たして本当に[沖縄ブーム]は終わったのか?

そこで今回は、
ブームの火付け人の一人を自覚しながら沖縄問題を書き続ける仲村清司氏、
沖縄で[沖縄]の本をつくり続けるボーダーインク編集長・新城和博氏に加え、
沖縄唯一の大型書店の現場から森本浩一氏をお招きする。
更に、沖縄の若者たちにも議論に参加してもらい、
沖縄の本音に迫りつつ、復帰40年の歴史を踏まえ未来を考える。

どうぞお見逃しなく。

【出演】
藤井誠二(司会、ノンフィクションライター)
仲村清司(作家・沖縄大学非常勤講師)
新城和博(ボーダーインク編集長)
森本浩平(ジュンク堂書店沖縄店 店長)
学生のみなさん(沖縄受験ゼミナール生、卒業生、琉大生ほか)

協力:沖縄受験ゼミナール

【Twitter】
ニコ論壇公式アカウント:@nicorondan
ハッシュタグ: #nicoron

【ニコ論壇】
ニコニコ動画が生み出す言論空間、ニコ論壇チャンネルページはこちら


■ プロフィール

仲村 清司(なかむら・せいじ)  @namcle
1958年大阪市生まれの沖縄人二世。作家・沖縄大学非常勤講師。著書に『ほんとうは怖い沖縄』(新潮社)、『沖縄学』(新潮文庫)、『住まなきゃわからない沖縄』(新潮文庫)、『沖縄チャンプラ亭』(双葉社)、『沖縄うまいもん図鑑』(双葉文庫)など多数。『ほんとうは怖い沖縄』ミステリーツアーの案内人もつとめる。参加希望者はこちらから。
ブログ: 仲村清司の沖縄移住録@2012

新城 和博(しんじょう・かずひろ)  @UCHIATAI
ライター、編集者、作詞家。1963年沖縄島那覇市生まれ。琉球大学卒業後、沖縄出版へ入社。89年に地元で使われている言葉をコラム形式で説明した『おきなわキーワードコラムブック』を刊行、話題になる。90年、出版社・ボーダーインクを設立。漫画や映画に描かれた沖縄を集めた、わうけいさお『なんだこりゃ~沖縄!』をはじめ、サブカルチャー本のブームを起こす。また、沖縄出身の漫画家・大城ゆかが表紙絵を描いた、シマー・コラム・マガジン「Wander(ワンダー)」を編集長として刊行(1990年創刊、2005年休刊)。沖縄で「県産本」の編集出版に携わり、沖縄に関する様々なコラムを発表している。著書に「うちあたいの日々」「〈太陽雨〉の降る街で」(ボーダーインク刊)他。
ブログ: 日々のうちあたい

藤井 誠二(ふじい・せいじ)  @seijifujii1965
1965年愛知県名古屋市生まれ。高校時代よりさまざまな社会運動にかかわりながら、週刊誌記者等をつとめながら一貫してフリーランスの取材者。ラジオのパーメナリティや報道情報番組のコメンテーターやレポーターもつとめ、愛知淑徳大学非常勤講師として「取材学」を語る。『17歳の殺人者』(朝日文庫)、『暴力の学校 倒錯の街』(朝日文庫)、『人を殺してみたかった』(双葉文庫)、『コリアンサッカーブルース』(アートン)、『文庫版・殺された側の論理』(講談社アルファ文庫)、森達也氏との対話『死刑のある国ニッポン』(金曜日)、『アフター・ザ・クライム』(講談社)、大谷昭宏氏と対話『権力にダマされないための事件ニュースの見方』(河出書房新社)、『三つ星人生ホルモン』(双葉社) 等著書多数。
オフィシャルサイト: 「当事者主義宣言」
ブログ: 「ノンフィクションライター 藤井誠二のブログ」

登録タグ

CHANNEL INFO

2 3 2 3 ch