nicolive-logo
  • 33,346
  • 42,029
コメント

ニコ生トークセッション 小惑星探査機「はやぶさ」の真実 山根一眞×ひろゆき

公式
(1時間47分)
ニコニコエンタメチャンネル提供:株式会社ドワンゴ
やっぱり2番じゃだめなんです!
小惑星探査機「はやぶさ」プロジェクトの真実とは?


2010年のAmazon「科学」ジャンル年間ベストランキング第1位を記録した、
『小惑星探査機はやぶさの大冒険』。著者の山根一眞氏がニコニコ生放送に登場です。

書籍は、2003年5月の「はやぶさ」打ち上げから、
2010年6月の感動の地球帰還までの軌跡を一冊にまとめたもの。
番組では、プロジェクトチームに綿密な取材を続けてきた山根氏が、
「はやぶさ」ファンも知らない未公開の事実をたっぷりと語ります。

日本の宇宙科学技術のレベルの高さ、技術者の情熱、
そして、星のかけらを拾って地球に戻るまでの60億キロを、
7年間かけて旅をした惑星探査機をめぐる「人間ドラマ」が明らかに!

ホストは、NASAでのスペースシャトル打ち上げを重ねて取材(?)している、
ひろゆき氏がつとめます。

【出演】
山根一眞
ひろゆき

山根一眞プロフィール
ノンフィクション作家。1947年東京都生まれ。獨協大学外国語学部ドイツ語学科卒業。
現在、獨協大学経済学部特任教授。宇宙航空研究開発機構(JAXA)嘱託、福井県文化顧問、
月探査に関する懇談会委員(内閣府)、生物多様性戦略検討会委員(農林水産省)、
日本生態系協会理事、NPO子ども・宇宙・未来の会「KU‐MA」理事、
北九州マイスター選考委員。愛知万博では愛知県総合プロデューサーも務めた。

【Twitterをご利用の方】
ハッシュタグ「#niconama_talk」をご利用ください。