• 5,863
  • 1,176
コメント

【長尾チャンネル】#52  人工ウイルス研究の闇を暴く ~学者の暴走、そして逃走~ ゲスト:掛谷英紀先生(筑波大学システム情報系准教授)

CH一部無料
(2時間13分)

長尾チャンネル提供:株式会社北の丸プロダクション

この番組を最後まで視聴するために

コロナ禍以降、どんどんこの国の医療と社会はおかしくなっていく!
医師・長尾和宏がテレビや新聞では絶対にカットされる話題を、わかりやすく解説していきます。

今週は、新型コロナワクチン被害者にとって、大きな一歩となった一週間であった。先週末に池袋でパンデミック条約反対の大規模なデモ、そして17日には、鵜川さんの力によって、特別非営利活動法人「駆け込み寺2020 繋ぐ会」のご遺族と、新型コロナワクチン後遺症の方々が合同で、東京地裁に国家賠償請求訴訟を起こした。

今まで、さんざんこの件を無視し続けてきたメディアも、ようやく重い腰を上げつつある。毎日新聞や、フジテレビのニュースなどでも。

先の福島先生の文春報道ももちろん影響しているのだろう。文春が口火を切ったことで、メディアも報道しやすくなった。そしてもう、隠しきれなくなった。いくらなんでも、報道しないのは、おかしい。そういう動きになってきた。

その一方で、今までワクチン推進をしてきた専門家たちの逃げ口上が酷すぎる。さんざん「エビデンスを出せ」と言ってきたワクチン推進派が、福島先生らがエビデンスを出すと、「それはエビデンスにはならない」とか「素人相手」などと、言い訳ばかりしていて、目を疑うばかりである。 そんな中、真正面から彼らを追及し続けている猛者がいる。

そう、筑波大学の掛谷英紀(かけやひでき)先生だ。掛谷氏は、2022年3月に、オミクロン株について、「人工的な変異が加えられたウイルスの可能性が高い」という趣旨の論文を発表。この論文は査読を経て、2022年11月に日本の情報処理学会が発行する<バイオインフォマティクス(遺伝子を中心とする生体情報を情報科学の観点から解析する分野)>の英文誌に掲載された。その経緯は、掛谷氏の新刊『学者の正義』(2024年1月刊行)のなかで、詳しく述べられている。

今回は、掛谷先生をゲストにお迎えし、「人工ウイルス研究の闇」そして、学者の暴走から学者の逃走が始まった現状について、熱く語っていただきましょう。製薬マネーに魂を売った偽善学者たちよ、逃げきれると思うなかれ!


前半パートはどなたでも無料でお楽しみ頂けます。
後半を視聴される方は下記よりチャンネル会員登録をお願い致します。

https://ch.nicovideo.jp/drnagao/join
親作品・子作品を見る