• 183
  • 0
コメント

「ソードマスター」第023話後編

(12時間)

ゲームマスターX
LV13

あとプレミアム会員2人のフォローでレベルアップ

( ´,_ゝ`)ソードマスターへの道
始祖のVtuber☆Vgamerの先駆者活動歴11周年

私の配信画面やアーカイブを見てつい再生速度を確認したそこの君( ´,_ゝ`)やけに速いのはただの操作速度

2024年始、しかも元旦から色々ありすぎな日本列島
今はつらくても、今のその頑張りはきっと先で実るはず。今をなんとかこらえて頑張っている方々へ声援を送りたい


リアル強くてNEWGAME( ´,_ゝ`)☆=-キラリッ

【第023話】
満足感スキル3の新型超広域が、ティガレックスよりもマムタロト装備で更に強力になることが判明し、調整完了( ´,_ゝ`)
広域化5、攻撃4、満足感3、体力3、氷属性3、超会心3、抜刀3、挑戦者3、フルチャージ3、早食い3、砥石3、キノコ2、飛燕、剛刃研磨、災禍転福1、となった

マムタロト足が優秀なため、歴戦王イヴェルカーナ足は不要かと思われたがフルチャージこと無傷スキルを適用できるランク4珠がほとんどなく、一気にレベル3MAX獲得できることからも歴戦足を採用( ´,_ゝ`)その結果、

挑戦者7、攻撃5、広域化5、氷属性3、超会心3、抜刀3、フルチャージ3、早食い3、精霊の加護3、災禍転福3、納刀術2、砥石2、キノコ2、死中に活、満足感1、剛刃研磨、と旧型超広域ではあるものの必要十分な範囲でありつつも体力と回避性能を全捨てし攻撃性能を最大まで引き上げた調整が完了した( ´,_ゝ`)不本意にランク4珠の都合上精霊の加護が3になっているのも、体力スキルがないことから案外良いものなのかもしれない

そしてフルチャージスキルを採用してみて痛感したのが、攻撃で回復する加速再生相当のカスタム強化の恩恵( ´,_ゝ`)実際に体験してみると、体力全快状態の維持はもちろんのこと攻撃中に自己回復するという現象の恩恵たるや必須レベルに素晴らしいものがあると実感
スロット枠が1つ減ってしまうが、激戦というほどではない相手にはこちらを採用し、歴戦王イヴェルカーナやマムタロト級に激戦となる場合には当該カスタム強化ではなくスロット強化にしつつ満足感3の新型超広域を採用することで対応できる( ´,_ゝ`)このためにもう一本、爆ぜディオス太刀を製作

余談だけど、カスタム強化を変えてスロット枠が変化した太刀を装備セットに登録してあった場合、その太刀からスロットカスタム強化を外したあとに再びスロットカスタム強化してもすべての装備セットのそのスロット枠が空欄になってしまう( ´,_ゝ`)
つまり装備セットに登録した状態とは「登録セット枠ごとにずっとそこにいる仮想的なハンター」に、その装備をつけたまま存在させているようなものだと思われる( ´,_ゝ`)もうちょっと丁寧にプログラムを組めなかったのかと思わざるをえない

【たのしい☆せいやく】
"ソードマスター"
クラッチ等の新しきものはわからぬが、太刀由来のアクションや旧作に存在した動作なら制限なし
※ロープ由来の動作は可能。同期の大団長参照
→マルチでは徹底。ソロでは太刀の限界性能を追求するため一部開放

武器→太刀限定。見た目葵カスタム
防具→見た目EXギルドワーク

【最終目標】
**達成**


【第022話】
満腹度レベル3の新型超広域が食べ放題なためかなり気に入った( ´,_ゝ`)更にそれほど強力でもない敵との救難乱入用に回避性能を全捨て、程よく攻撃面を強化した超広域を調整( ´,_ゝ`)回避手段にも優秀な太刀だからこそ許容範囲

回避性能や体力を捨てた超広域が楽しそうなので追って調整していこう。候補としてはフルチャージスキルがどうかといったところで、それが実現できるかもしれない装備が歴戦王イヴェルカーナの脚装備
これが最大限に活きるスキルが加速再生で、多少ダメージを受けても攻撃で勝手に回復するので最大体力を維持しやすい。もし有用な調整が出来るようなら、再び導きの地へ


【第021話】
いよいよ装備調整も大詰め
攻撃7、会心7、挑戦者7、爆破4、超会心3、砥石3、災禍転福3、抜刀2、精霊の加護2、飛燕、死中に活、満足感、投石1、滑走強化、剛刃研磨、という体力と回避性能を全捨てした攻撃特化調整を完了した( ´,_ゝ`)災禍転福採用は歴戦王イヴェルカーナの兜あってようやく成立
抜刀スキル採用経緯はピキンピキン抜刀( ´,_ゝ`)詳細は後述

そして超広域が更なる進化を遂げてしまった
回避5、広域5、精霊の加護5、攻撃3、満足3、早食い3、キノコ3、体力2、砥石2、耳栓1、飛燕、滑走強化、剛刃研磨となり、特筆すべきは満足3。いくら食べ飲みしてもほぼ減らないのでとりあえず常時回復薬グレートを飲んでおくというまさに常時リジェネ状態で激戦対応できるように

太刀は、その武器自身が完成されているためスロット枠に余裕が生まれていることが大きい。制限開放によって確かに世界は広がったようだ

太刀の見切り判定についてだけど、特殊納刀からの兜割りゲージ消費旋回抜刀の出始めに見切り判定らしき時間帯があり、そこに敵の攻撃が入ると兜割りゲージ消費しないというロマンティックドリームシステムを常に狙い続けるような戦闘が非常に味わい深い。タイミングは非常にシビアで体感、回避性能スキルなしの元々の回避行動の無敵時間に相当する様子
元々の無敵時間で咆哮回避できるかといえば、できるっちゃできるが100%成功し続けられるか?というとさすがに無理ってレベル。この体感に近い
これをピキンピキン成功し続けられると素晴らしく爽快。"バックステップで前に進む"見切り斬り同様、これも何か名前をつけたいところ


無形瞬天葬ってナニ?って人は↓
https://www.youtube.com/watch?v=odC8jwR-ovM
https://www.thegamemasterx.com/entry/MHWmukeiX#mukei


少しずつ強くなっていく。
それがいいんだ( ´,_ゝ`)


【SpecialThanks!!】
株式会社カプコン(CAPCOM CO., LTD.)

追悼・すぎやまこういち
sm39468788

【GM】X・ザ・ゲーム批評
https://www.thegamemasterx.com/
親作品・子作品を見る