• 1
  • 3
コメント

作業

限定
(6時間)

大槻
LV6

あとプレミアム会員1人のフォローでレベルアップ

ひたむきに
クリスマスイブの日エドワードは友人の子供たちのために買ったプレゼントをもって
雪で道が塞がれている中かき分けて友人の家を訪れた
ノックをすると友人の妻が現れた
「まあ、なんて恰好なの!エドワード」「いや子どもたちにプレゼントを渡したくてね」
ルビーはいやいやそうに差し出されたプレゼントを受け取った
「セガサターンにミクロマン人形!」彼女は倒れそうになり友人が慌てて支えた
「エドワード、悪いが帰ってくれないか」「ああ、すまなかったジョン」
エドワードは小声でジングルベルを歌いながらそりに戻った
涙も流さず彼は泣いた。彼がしんだ時神はこの者をよしとし天国へいざなった

のちのサンタ。サンタククロースである。
親作品・子作品を見る