• 150
  • 8
コメント

【生放送】高瀬隼子×小川哲 司会=渡辺祐真(スケザネ) 「作者と小説の境界はどこにあるのか──芥川・直木賞受賞作家によるW刊行記念対談」【小川哲の文学BAR#6】 #ゲンロン231023

CH一部無料
(3時間28分)

ゲンロン完全中継チャンネル提供:合同会社ゲンロンカフェ

この番組を最後まで視聴するために

※ 本イベントは、シラス「ゲンロン完全中継チャンネル」からも配信いたします。放送開始から4時間30分を超えてイベントが続いた場合、ニコ生では配信を終了しますが、シラスでは有料で延長配信をおこないます。
※ シラスのシステム上、延長部分のみの購入はできません。延長部分のご視聴をされたい方は、あらかじめシラスで番組本編をご購入ください。

☆ 番組チケット(1500円)のご購入はこちら!
https://ch.nicovideo.jp/genron-cafe/live/lv342898413
☆ 登壇者への質問を募集中!
https://forms.gle/Zj5ZRwa9TgPEPoNr7


【イベント概要】
高瀬隼子さんの『うるさいこの音の全部』(文藝春秋)と小川哲さんの『君が手にするはずだった黄金について』(新潮社)が刊行されました。それを記念して、おふたりによるW刊行記念対談を開催いたします。司会は書評家の渡辺祐真(スケザネ)さんです。
詳細は後日発表いたします。


作者と小説の境界はどこにあるのか – ゲンロンカフェ
https://genron-cafe.jp/event/20231023/
親作品・子作品を見る