• 188
  • 134
コメント

【ガチャ消化】突然始まるグラブル実況 【ビカラ最終】

(4時間05分)

弟城つづり
LV28

あとプレミアム会員20人のフォローでレベルアップ

数年ぶりに触るとなかなか面白かったので、暇つぶしにちょいちょいやってます。
ビカラにまつわるフェイトおさらい+最終開放と
今日のガチャ消化を中心に雑談しながら遊んでいきます!

【ビカラとは?】

「きみは笑顔が似合うね! それじゃあもっと笑顔になるいつもの合言葉だ!
 ラッキー! クッキー! ビッキィ!!
 さぁ、手をにぎろう! 鼠神宮で僕と握手!」
「ぼくはチーズに目がないんだ! とっておきのがあるから、一緒に食べないかい?」

「あたし、本当にドジで、のろまで、地味で、暗くて、臆病で・・・」
「こんなんだからあたしは十二神将に溶け込めないんだよ・・・ふ、ふふ・・・鬱いなぁ・・・」

十二神将の1人。
2020年の干支にちなんで『子(ねずみ)』を模したキャラクター。
レジェンドガチャで『天干地支筒・子之飾』を入手する事で十二神将版、
期間限定で『第一子行鞭』を入手する事で水着版が加入。
「年年歳歳PREMIUM」でR版が加入。
十二神将初のヒューマン、耳はつけ耳である。

夜に巨大な山車にダンサー(巫女)が乗って歌い踊りながら練り歩く
エキセントリックパレードが見ものなまんま某夢の国な鼠神宮の歳神。
みんなが笑顔になる"ゆ~とぴあ"の人気者「ビッキィ」とは彼女の事である。
しかし、ネズ耳が無い普段のビカラは陰キャである。
髪も白色から黒色になるなど、容姿も実際に変化する。

一人称は、ネズ耳装備時は「ぼく」、非装備時は「あたし」。
ちなみに装備時の一人称から男の娘説も囁かれたがれっきとした女の子。
歴代の子神の伝統に則り魔物用のトラバサミに初代子神が神通力で意志を持たせた式神「ドーマウス」(CV:こおろぎさとみ)に選ばれ子神になったビカラ。
選ばれた理由はわからないし、これまでの十二神将のように血筋も才能もない。

鼠神宮の在る街に長年住んでいるが普段はあまり外出しないため陰が薄く、街を歩いても誰も気付いてくれない。それどころか何十年も空き巣をし続け人の気配に敏感な泥棒ですらビカラに気が付かなかった。
普段から人と話す機会が無いため会話が苦手で、普段はどもり口調で会話をする(仮面を取った時のシスと同レベル)。好物はチーズで、物陰に隠れてひっそりと齧る時に至福を感じている。

それでもネズ耳を付けている時は、みんなの人気者、理想の自分である陽キャのビッキィになれるように暗示をかけている。
そのためか、はたまたドーマウスの影響なのかは不明だがネズ耳を付けている時だけ身体能力が向上し、動きが身軽。
反面本人の戦闘力は皆無に等しく、実際に戦闘画面ではドーマウスが代行で攻撃している。

ちなみにネズ耳は鼠神宮で3ルピで売られている。安い。
そして彼女の十二神将としての衣装も神力で作ったものでは無く、得意の服飾技術を駆使して自作したもの。
他の十二神将は自身の干支にちなんだ式神を自由に発現しているが、いつも彼女の傍にいるネズミは彼女の潜在能力が強すぎるため常に実体化しており、事あるごとにチーズを齧っている。

-ピクシブ百科事典より抜粋-
コンテンツツリーを見る