• -
  • -
コメント

オウム真理教事件を元にカルト洗脳を描く 映画『わたしの魔境』世界最速ネット上映会【有料】

公式一部無料
(1時間45分)

ニコニコエンタメチャンネル提供:株式会社ドワンゴ

最後まで視聴するには、ネットチケットの購入またはシリアルコードの入力が必要です

時代を超えて、繰り返す
日本を震撼させた、あの宗教テロを元にカルト洗脳を描く

「もし現在、オウム真理教に類似したカルトがあったらどう洗脳されるか?」をテーマにしたサスペンス。
実際のオウム真理教関係者や死刑囚の妻らへの取材映像も交えた映画『わたしの魔境』。


『わたしの魔境』ポスター

コロナ禍でSNS動画メディアが急成長した令和。YouTubeやTikTokなどメディアを駆使して台頭する新興宗教「ニルヴァーナ」と、それに翻弄される人々。

※本作品は洗脳の巧妙さを伝えるための作品であり、オウム真理教関連事件を肯定する意図、また、ひかりの輪・アレフはじめとするオウム真理教後継団体への入信を促進・勧誘する意図は一切ございません。

ニコニコ生放送では、本作品をネットで上映会を実施致します。
ぜひ、お楽しみください。

【本上映会の視聴に関する注意】
ネット上映会の生放送は、3/17(金)21:00開演、22:45終了予定。
またネット上映会のタイムシフト視聴は、3/31(金)23:59まで視聴可能です。

1回のチケット購入で、ネット上映会の生放送視聴とタイムシフト視聴の2回の視聴が可能。
但し、ネット上映会の生放送終了後は、タイムシフト視聴の1回のみの視聴となります。

予めご了承下さい。




『わたしの魔境』作品情報

わたしの魔境メイン

元NMB48 近藤里奈 映画初主演。
架空のカルト宗教団体「ニルヴァーナ」を舞台に、ごく普通の現代OLが洗脳され、犯罪に加担する様を描くフィクション。実際の元オウム真理教信者や、死刑囚親族への取材映像も交える。
地下鉄サリン事件から約30年が経過し、オウム真理教事件が風化してきている。
そうした現状を踏まえ、本作ではサリン事件に至る前のオウム真理教事件の教団内部の様子をモチーフに、舞台を現代に置き換えて改めてカルト洗脳を振り返る。

①わたしの魔境   ②わたしの魔境   ③わたしの魔境

◆キャスト
近藤里奈
櫻井健人 | 牛丸亮 | 山中アラタ | 小原徳子 | 児玉拓郎 | 江藤あや
芦原健介 | 園山敬介 | 範田紗々 | 桝田幸希 | 西原愛夏 | 須森隆文
松井彩葉 | 上埜すみれ | 梁瀬泰希
竹田哲朗 | 入江崇史 | アベラヒデノブ
津田寛治

◆スタッフ
企画・監督・脚本 天野友二朗
製作・プロデューサー 若月ふみか | 天野友二朗

撮影監督 (フィクションパート) 根岸憲一
撮影助手 高瀬大輔
撮影 (取材パート) 天野友二朗

録音 衛藤なな | 喜屋武正樹
メイキング 金子奈央
編集・音響効果 天野友二朗
ビジュアル 東福寺基佳
ヘアメイク協力 美名子

◆映画『わたしの魔境』公式サイト:https://www.watashinomakyo.com/
 
監督紹介

天野友二朗

監 督:天野友二朗(あまのともじろう)
映画監督・映像クリエイター
▶︎公式サイト:https://www.alwaystomojiroamano.com/
▶︎経歴
1990年生まれ。大学院在学中、医学系の基礎研究に従事。分子生物学を学ぶ傍ら、映像製作に目覚め、自主製作映画でキャリアをスタート。
卒業後は、医療機関に勤務する傍ら、監督・脚本・作曲等を自ら手掛け、クラウドファンディングで70万円の低予算で長編自主製作を完成させ劇場公開とDVDリリースを行う。

〇 2019年 映画『幸福な囚人』
医療機関で働く傍ら、休日を使って二足のわらじで製作。
ABCグループ企業からの出資で、初の商業映画『幸福な囚人』を全国劇場公開。
(TSUTAYA・GEO DVDリリース中/Amazon Prime配信中)
その後映像広告業界へ転身し、広告代理店で映画製作事業と映像広告製作を両方手掛ける。

〇 2021年 中編『復讐代行人』
コロナ禍で、R1ぐらんぷり2009王者 中山功太が暴力団組長役を務め、RIZIN格闘家の矢地祐介や、朴光哲が殺し屋役に扮したアクション中編『復讐代行人』を製作し、YouTubeで公開。再生数は52万再生を突破している。

〇 2022年 短編『盲目の彼が見た世界』
手術により眼球摘出を余儀なくされた男性と、男性を支える恋人とのラブストーリーを10分の短編として製作。
YouTube無料公開中。

〇 2023年 映画『わたしの魔境』
4年ぶりの長編新作では、オウム真理教事件を元に、カルト洗脳を描いた話題作で、国内外数々の映画祭で受賞・入選。
ティザー予告は132万再生を突破し、ABEMA TVでも取り上げられ、話題になる。
2023年4月5日より、Amazon Prime他で配信・DVDリリース。

〇 2024年 大型商業新作2本待機中
『わたしの魔境』の10倍規模予算の新作が二本控えている。

▶︎『わたしの魔境』映画祭入選・受賞歴 (2023年3月時点)
・ヒューストン国際映画祭2023 入選 (アメリカ)
・サンフランシスコインディペンデント映画祭 2023 入選 (アメリカ)
・サンタモニカ国際映画祭 2023 入選 (アメリカ)
・ニース国際映画祭(フランス)
・ムンバイボリウッド国際映画祭 2022 最優秀国際映画祭受賞 (インド)
・タゴール国際映画祭 優秀賞受賞 (インド)
・ロサンゼルスアジアンフィルムアワード 2022 オフィシャルセレクション入選 (アメリカ)
・ORION国際映画祭 ファイナリスト部門入選 (オーストラリア)
・沖縄NICE映画祭入選2023 (日本)



関連生放送

さらに天野友二朗監督の過去作品『盲目の彼が見た世界』『復讐代行人』も3月10日(金)21時よりネット上映(無料)を開催します。
こちらもお楽しみに!



タイムシフト視聴期間

2023/3/31(金)23時59分まで
※上記期間を過ぎると、視聴の途中であっても番組を見ることができなくなります。

チケット情報

[一般券] 税込 1,500円
販売期間:2023/3/3(金)14時00分 ~ 2023/3/31(金)22時00分

【本上映会の視聴に関する注意】
1回のチケット購入で、ネット上映会の生放送視聴とタイムシフト視聴の2回の視聴が可能。
但し、ネット上映会の生放送終了後は、タイムシフト視聴の1回のみの視聴となります。

ネット上映会の生放送は、3/17(金)21:00開演、22:45終了予定。
またネット上映会のタイムシフト視聴は、3/31(金)23:59まで視聴可能です。

予めご了承下さい。






ご注意事項

タイムシフト視聴回数
本番組は期間中に1度だけ、生放送終了後に番組を視聴することが可能です。
タイムシフト視聴権は、視聴を開始した時点から
「放送時間+24時間」が経過すると失効しますのでご注意ください。


ミラー放送への対応
番組をミラー放送した際は視聴を停止させていただく場合がございます。
ミラー放送がございましたら、下記よりご連絡ください。
ユーザー生放送の場合:ミラー放送先の視聴プレイヤー下【!】この番組を違反通報
外部サイトの場合:窓口へ 「件名:ミラー配信通報」「本文:元番組とミラー先のURL」をメールでお送りください。


チラ見せ視聴パート
本番組はチケット未購入の方でも一部ご視聴頂ける「チラ見せ」パートがあります。
全編をご視聴になるにはチケットの購入が必要になります。


チケットご購入の前に
対応デバイスや利用規約について、下記ヘルプページから必ずご確認をお願いいたします。
有料生放送番組について


番組をテレビ画面で視聴するには
ニコニコ生放送は、一部のデバイスを通じてテレビで視聴することが可能です。詳細は下記ヘルプページをご確認ください。
生放送をテレビで視聴する


番組が視聴できない場合
チケットを購入したのに番組が見れない場合は、下記ヘルプページをご確認ください。
有料番組がニコニコ生放送アプリで視聴できない
有料生放送を正常に視聴できない


※本番組のネットチケットはドワンゴチケットでの販売です。
※ニコニコポイントはご利用できません。ご了承ください。


***********************
≪ドワンゴチケットについてご案内≫
本番組の視聴チケットは ドワンゴチケットにて販売しております。

詳しいご購入方法~ご視聴までの流れにつきましては
ご利用ガイドをご確認ください。
※お知らせ※
ドワンゴチケットリニューアルに伴う再登録のお願い
ドワンゴチケットリニューアルに伴い、再度会員登録が必要になります。
恐れ入りますが、ご対応の程、よろしくお願い申し上げます。
≫詳細はこちら

***********************

ギフトもあります
本番組はギフト機能の利用が可能です。
ギフトで本作品を応援してください。