nicolive-logo
  • 17
  • 3
コメント

DAIVA CHRONICLE RE:【Part6】

(1時間37分)

DIE
※※※積みゲー消化警報発令中!※※※

全プラットフォームでのプレイを夢見た少年時代は遥か昔。
今ではPCさえあれば全部盛りで遊べてしまう良い世の中ですな。

操作性の悪さが鬼門のPC88版。セーブ&ロードは許してつかあさい。

【前回までのあらすじ】
・3724/4まで(17・22・21・15・28星系攻略済)

ユーザ名は自動取得なので、嫌な方は184でよろしくどうぞ。
初見さん、初心者さん、コミュフォローはお気軽に。

普段は主にDMMのブラゲをぽちぽちしております。


【DAIVA基本ストーリーまとめ】
全ては惑星アルジェナ、謎の消失より始まった。

マウトーレア暦3722年、ヴィシュヌ銀河にはかつての繁栄の姿は微塵もなかった。
そこにあるものは絶望と悲しみと、薄暗い復讐の炎。

4000年もの永きに渡って銀河に君臨してきたインドゥーラ帝国は、
主星アルジェナの消滅と黄金帝マヌの暗殺により、高度な文明と共に終焉を迎えた。
帝国の各殖民星も同じく、主星消滅の動揺によって反乱が勃発し滅びた。

残された人々は、この荒廃の影に潜む破壊者の姿を見た。
シヴァ・ルドラ………元帝国宇宙軍総司令。

【STORY1主人公】
ルシャナ・パティー

辺境星系スートリの司政官。
シヴァ・ルドラの操る惑星破壊を目的とした巨大人工有機体「ヴリトラ」の攻撃を受け、
婚約者ラーナと惑星ペレナスを失う。
クリシュナ・シャークの力を借りて、シヴァ・ルドラとヴリトラへの復讐を誓う。
コンテンツツリーを見る