nicolive-logo
  • 15,857
  • 8,723
コメント

Bunkamura ザ・ミュージアム「ボテロ展 ふくよかな魔法」を巡ろう【ニコニコ美術館】

公式
(2時間36分)

ニコニコ美術館 (ニコ美)提供:株式会社ドワンゴ
26年ぶりに日本国内で開催されるフェルナンド・ボテロの大規模絵画展
巨大なカンヴァスに「ふくよかな魔法」をかけるボテロによる
豊かで、生の喜びをも感じさせる作品の数々を堪能しよう



番組概要
南米コロンビア出身の美術家、フェルナンド・ボテロ(1932~)。
1950年代後半から欧米で高く評価され、今日では現代を代表する美術家のひとりに数えられています。

ボテロに注目が集まったのは1963年、ニューヨークのメトロポリタン美術館で
レオナルド・ダ・ヴィンチの《モナ・リザ》が展覧されたとき、
モダンアートの殿堂、ニューヨーク近代美術館(MoMA)のエントランス・ホールに
ボテロの《12歳のモナ・リザ》(※本展には出展されません)が展示されたことに始まります。

ボテロ作品を特徴づけているのは、あらゆるかたちがふくらんでいるということ。
彼のモチーフは、人物も動物もふくよかで、果物は熟れきっているかのように膨らみ、
楽器や日用品さえも膨張しています。

ボリュームを与えられた対象には、官能、ユーモアやアイロニーなど複雑な意味合いが含まれ、
観る人のさまざまな感覚に力強く訴えかけます。
それはボテロ独特の「魔法」ともいえるもので、世界中で注目され続ける理由がそこにあるのです。

南米だけではなくヨーロッパや北米、アジアでも大規模展が開催され、
世界各地で人気を博しているボテロ展ですが、日本国内では26年ぶりの開催となります。
2022年、生誕90年の記念すべき年にボテロ本人の監修のもと、
初期から近年までの油彩ならびに水彩・素描作品など全70点で構成される本展は、
ボテロとの新たな出会いを生む貴重な機会となることでしょう。
(展覧会公式HPより)

出演者
宮澤政男(Bunkamura ザ・ミュージアム 上席学芸員)
三谷理華(女子美術大学教授)

展覧会概要
ボテロ展 ふくよかな魔法
展覧会 公式ページ

会期 : 2022年4月29日(金・祝)〜7月3日(日)
休館日: 5月17日(火)
会場 : Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷・東急百貨店本店横)
時間 : 10:00〜18:00(入館は17:30まで) 毎週金・土は21:00まで(入館は20:30まで)



初めてニコニコ生放送をご利用になる方へ
ニコニコ生放送でコメント投稿頂くには会員登録(無料)が必要になります。
コメント投稿を行いたい方は「アカウント新規登録」をクリックし、
会員登録の手続きをお願い致します。
一般

<スマホで見る方はアプリをインストール!>



ニコニコ美術館(ニコ美)




■ニコニコ美術館のTwitter、Instagramもご利用ください。



※生中継は諸事情により、開始が遅れる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※現地のインターネット回線状況により、放送を一時中断もしくは中止する場合がございます。