• 6,602
  • 874
コメント

【アバターアワード2021】審査員:軍地彩弓・藤ちょこ・丸山敬太・三木一馬・LAM

公式
(1時間54分)

ニコニコエンタメチャンネル提供:株式会社ドワンゴ
仮想世界のあなたがランウェイを歩く!
メタバース時代のファッションショー「アバターアワード2021」開幕!


審査員に超豪華クリエイター陣をお迎えし「#AvatarAward2021」で投稿されたアバター作品の中から
・キャラクター性
・ファッション性
・先進性
を評価基準に選ばれた優秀作品がバーチャルランウェイを歩き、2021アワードを決定します!

■公式HP
アバターアワード2021

■主催
一般社団法人VRMコンソーシアム

審査員(五十音順)

・軍地彩弓

編集者/ファッション・クリエイティブ・ディレクター。
講談社『ViVi』編集部でフリーライターとして活動。その後、『GLAMOROUS』の立ち上げに尽力する。
2008年に現コンデナスト・ジャパンに入社。クリエイティブ・ディレクターとして、『VOGUE GIRL』の創刊と運営に携わる。
2014年に株式会社gumi-gumiを設立。
『Numero TOKYO』のエディトリアルアドバイザー、ドラマ『ファーストクラス』(フジテレビ系)や映画のファッション監修、
Netflixドラマ『Followers』のファッションスーパーバイザー、企業のコンサルティングなど幅広く活動。

・藤ちょこ

千葉県出身、埼玉県在住のイラストレーター。
ライトノベルやソーシャルゲームなど様々なジャンルで活動しているほか、国内外での展示や、専門学校でのライブペイントも定期的に行っている。
最近の主な仕事に「マジカルミライ2020」メインビジュアル、#コンパス「狐ヶ咲甘色」デザイン、バーチャルライバー「リゼ・ヘルエスタ」デザインなど。
1st画集「極彩少女世界」がBNN新社より、2nd画集「彩幻境」が玄光社より発売中。

・丸山敬太

ファッションデザイナー。
1994 -1995年秋冬東京コレクションにて「KEITA MARUYAMA TOKYO PARIS」として初参加し、メンズ・レディースの両ラインを発表。
1996年、第14回毎日ファッション大賞新人賞、資生堂奨励賞を受賞、東京・青山に旗艦店をオープン。
東京、パリ、香港、シンガポールなど、世界の舞台でコレクションを発表。
「晴れの日に着る服・心を満たす服」をコンセプトに、繊細な手仕事と大胆な色づかいのフェミニンでエイジレスなデザインは、KEITA MARUYAMAの考える新たなモードエレガントを提案している。
自身のブランドのほか、ミュージシャン、俳優、舞台の衣装制作をはじめ、ブランドのディレクションなど、広い分野で活躍。

・三木一馬

ライトノベル編集者。元・電撃文庫編集長。現在は株式会社ストレートエッジ代表取締役。
主な担当作品に『ソードアート・オンライン』、『魔法科高校の劣等生』、『とある魔術の禁書目録』など。
自らの著書に『面白ければなんでもあり 発行累計6000万部――とある編集の仕事目録』がある。
近著では自らラノベ『チートの王』を執筆、ウェブで公開している。
▶▷▶チートの王 ―異世界転生の最強勇者VS村の住人―

・LAM

キャラクターデザインやビジュアルワーク、書籍イラストなど、国内外を問わず活動するイラストレーター。
ホロライブID2期生「Kureiji Ollie (クレイジーオリー)」キャラクターデザイン、「専門学校HAL2019年度TVCM 夢に、嚙みつけ。編」アートワーク、
TVアニメ・アプリゲーム「takt op.(タクトオーパス)シリーズ」キャラクターデザインなど。
2020年には初個展「目と雷」を開催。

出演者

 MC 

吉田尚記






さらに!プレミアム会員になると、タイムシフト機能で見逃した番組を後から視聴できます!
見逃した生放送番組はこちら!



※本番組の著作権は権利者に帰属致します。
権利者に無断で他のウェブサイトに転載、及びにミラー配信する行為は固く禁じます。