nicolive-logo
  • 319
  • 50
コメント

【生放送】斎藤哲也×山本貴光×吉川浩満「『人文的、あまりに人文的』な、2021年人文書めった斬り!――五反田に集まれ! 帰ってきた人文忘年会!」 #ゲンロン211228

CH
有料
(3時間59分)
ゲンロン完全中継チャンネル提供:合同会社ゲンロンカフェ
本イベントは、ゲンロンカフェでの会場観覧を受付いたします!
詳細は https://peatix.com/event/3094176/ をご確認ください。


※ 本イベントはシラス「ゲンロン完全中継チャンネル」からも配信をいたします。放送開始から6時間を超えてイベントが続いた場合、ニコニコ生放送では配信を終了しますが、シラスでは有料で延長配信をおこないます。また、資料ダウンロードもシラスでのご視聴者のみとなります。何卒ご了承ください。

↓ 番組チケット(1000円)のご購入はこちら!
https://ch.nicovideo.jp/genron-cafe/live/lv334718954
↓ 登壇者への質問を募集中!
https://forms.gle/Uk9LRgGHbQLF1paRA
※ イベント中の質疑応答は現地観覧の方が優先となります。


【イベント概要】
2年ぶりに有観客でやります! ゲンロンカフェで行われる年末の風物詩、人文忘年会!

博覧強記で知られる斎藤哲也氏、山本貴光氏、吉川浩満氏による年末恒例「人文書めった斬り!」イベントが今年も開催決定! 今年刊行された数多の人文書から、3人が膨大な選書リストを作成。「めった斬り!」と銘打ってはいるが、実際はそれぞれがオススメする人文書を次から次へと紹介していく「人文愛」あふれるイベントだ。

読書家、作家、ライター、編集者、書店員、出版関係者…… 本を愛する人々が集う「人文忘年会」イベントだが、昨年は新型コロナウィルス感染症の流行により配信のみの開催となった。今回は、2年ぶりに会場観覧を受け付けて行われる。

イベントの最後には、3人が選ぶ「人文的大賞2021」が決定。昨年は書籍部門として全卓樹氏の『銀河の片隅で科学夜話』 、著者部門としてドミニク・チェン氏が選ばれた。今年の大賞には、果たしてどの人文書が選ばれるのか?

年末年始に読む本はこのイベントで決まる! 五反田に集まれ!
コンテンツツリーを見る