• 1,056
  • 444
コメント

【生放送】古谷経衡×辻田真佐憲×東浩紀「夢としての『大東亜戦争』——80年代生まれが架空戦記を軸に語る開戦後80年」 #ゲンロン211208

CH
有料
(6時間02分)

ゲンロン完全中継チャンネル提供:合同会社ゲンロンカフェ
※ 本イベントは、シラス「ゲンロン完全中継チャンネル」からも配信をいたします。放送開始から6時間を超えてイベントが続いた場合、ニコニコ生放送では配信を終了しますが、シラスでは有料で延長配信をおこないます。なお、シラスでは延長部分のみのご購入ができません。延長部分をご覧になるためには、本編もあわせてご購入いただく必要があります。何卒ご了承ください

↓ 番組チケット(1000円)のご購入はこちら!
https://ch.nicovideo.jp/genron-cafe/live/lv334549193
↓ 登壇者への質問を募集中!
https://forms.gle/Gjyq2YG1HkT2ZgXs9
※ イベント中の質疑応答は現地観覧の方が優先となります。

【イベント概要】
1941年12月8日は真珠湾攻撃が行われ、太平洋戦争が始まった日。2021年12月8日はそれから80年の節目の日となる。

このたびゲンロンカフェでは、そんな節目を踏まえ、日本人が太平洋戦争、あるいは当時の言い方をすれば「大東亜戦争」にどのような「夢」を見てきたのか、新たな角度から考えるイベントを開催する。迎えるのは、作家・評論家の古谷経衡氏と近現代史研究者の辻田真佐憲氏。2人は軍事マニアとしても知られ、古谷氏は82年生まれ、辻田氏は84年生まれと年齢も近い。ともに、軍事に魅かれたきっかけは太平洋戦争を扱った「架空戦記」にあったという…(全文は https://genron-cafe.jp/event/20211208/ よりご覧いただけます)
コンテンツツリーを見る