nicolive-logo
  • 2,739
  • 146
コメント

青柳拓監督作品『ひいくんのあるく町』ネット上映会~映画『東京自転車節』上映記念~

公式
(58分)
ニコニコエンタメチャンネル提供:株式会社ドワンゴ
監督のご厚意により、タイムシフト視聴期間を9月6日(月)23:59まで延長となりました。
この機会にぜひご視聴下さい。

漕げや、稼げや、生き抜けや。

緊急事態宣言下、人影がまばらになった東京で
唯一駆け回っていたのは自転車配達員たちだった―
“焼け野原の東京”で生き抜くバイタリティが強烈な、路上労働ドキュメンタリー!青柳 拓監督作品『東京自転車節』


東京自転車節kv

9月3日(金)21時からのネット上映会を記念して、青柳 拓監督のデビュー作品『ひいくんのあるく町』をネットで上映(無料)を実施致します。
ぜひ、お楽しみください。


『ひいくんのあるく町』作品情報

ひいくんのあるく町
監督 青柳 拓
プロデューサー・録音 植田朱里/副プロデューサー 熊澤海透/撮影 山野目光政/録音 福田陽
編集 朝野未沙稀 /題字 渡井秀彦(ひいくん)/アドバイザー 安岡卓治、島田隆一、山内大堂、辻井潔/ウェブデザイン VICENTE
製作 日本映画大学/配給 ©水口屋フィルム/宣伝 細谷
2017/日本/DCP/カラー/47分/

僕の故郷の記憶には、いつも彼が歩いていた

シャッター街をほのかに明るく照らす珠玉の47分!
かつての街は今でも温かく、いつまでも優しい。


弱冠23歳の新鋭青柳 拓のデビュー作。
故郷への郷愁と愛しさを奏でる“ほっこり”ドキュメンタリー。
2017年座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル・コンペティション部門入賞。
20174月に開催された地元上映会では1000名以上の観客を動員、圧倒的な支持を集め、ついに全国劇場公開が実現。

監督の故郷、山梨県甲府盆地の南・市川大門。その町並みをヘルメット姿の少年のような風変わりなおじさんがひょこたんと歩く。 彼は町の人々の手伝いをして、”ひいくん”と愛称され温かく受け入れられている。 いつも、当たり前のように町があり、人がいた。 しかし、いつしか町はシャッターが目立つようになった。 お気に入りの電気屋「水口屋テレビ」の店主・青柳正輝さんは病気で倒れ、店を閉めた。 写真好きの正輝さんが撮影した膨大な数の写真には、この町の活気ある姿が確かな形で写っていた。 華やかだった町の風景、盛り上がる祭り・・・。 今、町はゆるやかに静まってゆくが、我らが人気者のひいくんはこの町を今日も朗らかに歩き続ける。

★「ひいくんのあるく町」公式サイト:http://hikun.mizukuchiya.net/


監督紹介

青柳監督宣材

監 督:青柳 拓(あおやぎ たく)
1993年、山梨県市川三郷町生まれ。日本映画大学に進学後、卒業制作として『ひいくんのあるく町』を監督し2017年全国劇場公開。岩淵弘樹監督作品『IDOL-あゝ無情-』の撮影クルーとして参加。大崎章監督、七里圭監督の下で現場経験を積む。アーティストグループ「ヒスロム」の仙台、ポーランドの展覧会にメイキング撮影として参加。2020年短編『井戸ヲ、ホル。』を監督。2021年1月、美術手帖の特集「ニューカマー・アーティスト100」に2020年代を切り開くニューカマー・アーティストの一人として選出される。


『東京自転車節』作品情報

東京自転車節メイン
監督:青柳 拓
(2021/日本/93分/日本語/カラー/DCP/ドキュメンタリー)
撮影:青柳 拓、辻井 潔、大澤 一生/編集:辻井 潔/音楽:秋山 周/構成・プロデューサー:大澤 一生/製作:水口屋フィルム、ノンデライコ/配給:ノンデライコ

未来に向かってチャリをこげ!
コロナ禍を生き抜くリアル・ロードドキュメンタリー

2020年3月。山梨県で代行運転の仕事が遂になくなってしまった。コロナ禍で働き口がない中で、注目されてきたのが自転車配達員の仕事。いつでも気軽に始められる自転車配達員に飛びついた青柳監督は、家族が止めるのも聞かずに新型コロナウイルス感染者数が増えていた東京に向かう。緊急事態宣言下に入っていた東京で、青柳監督は自転車配達員として働きながら、自らと東京の今を撮影し始めた。働くということとは?“あたらしい日常”を生きることとは?
あらわになった“焼け野原の東京”を自転車配達員の視点で疾走する路上労働ドキュメンタリーが爆誕!


東京自転車節1 東京自転車節2 東京自転車節3 

©水口屋フィルム/ノンデライコ

2021年6月下旬よりポレポレ東中野ほか全国順次公開

★「東京自転車節」公式サイト:http://tokyo-jitensya-bushi.com/

ニコニコ生放送では、9月3日(金)21時からネット上映会(有料)を実施致します。



関連生放送

本作品ネット上映を記念して、9月3日(金)20:30より青柳 拓監督本人による生解説番組を実施決定!!
ゲストに今でも『アルバイト』を行いながら芸人を続ける『TAIGA』さんをお迎えし、無料配信にてお届します。



ご注意事項

タイムシフト視聴回数
本番組は期間中に1度だけ、生放送終了後に番組を視聴することが可能です。
タイムシフト視聴権は、視聴を開始した時点から
「放送時間+24時間」が経過すると失効しますのでご注意ください。


視聴地域
本番組は日本国内でのみ視聴できます。海外からの視聴はできません。
This program is not available outside of Japan.
此節目僅限日本國收看


ミラー放送への対応
番組をミラー放送した際は視聴を停止させていただく場合がございます。
ミラー放送がございましたら、下記よりご連絡ください。
ユーザー生放送の場合:ミラー放送先の視聴プレイヤー下【!】この番組を違反通報
外部サイトの場合:窓口へ 「件名:ミラー配信通報」「本文:元番組とミラー先のURL」をメールでお送りください。


ギフトもあります
本番組はギフト機能の利用が可能です。
ギフトで本作品を応援してください。