nicolive-logo
  • 223
  • 0
コメント

【2020/12/26収録】飯田泰之×井上智洋×東浩紀「無料は本当に世界をよくするのか? 貨幣と労働の謎に迫る新・経済哲学対話!」【飯田と井上の新・経済教養シリーズ #4】 #ゲンロン201226

CH
有料
(4時間33分)
ゲンロン完全中継チャンネル提供:合同会社ゲンロンカフェ
↓ 番組チケットのご購入はこちらのリンクから!
https://ch.nicovideo.jp/genron-cafe/live/lv332131180
※ 再放送は都度課金500円でご購入いただけます。
※本番組は、シラスで行われた延長放送(放送開始から5時間以降の部分)を除く、本編のみの再放送となります。予めご了承ください。
☆ ニコニコ生放送のタイムシフト対応!
※ 放送終了から1週間後の23時59分までの間、番組をくり返しご覧いただけます。




【収録時のイベント概要】
クリス・アンダーソンが『フリー』を出版して11年。いまや世界は無料サービスで満ちている。私たちは、テキストも音楽も動画も、あらゆるコンテンツが無料で入手できるべきだと考えている。そして無料であることが公共的であることであり、オープンであることだと信じている。

しかし、それは本当だろうか。東浩紀は「無料という病——シラスと柄谷行人について」 https://genron-alpha.com/gb055_02/ という文章で、その見方に異議を唱えている。無料は世界をよくしなかった、無料はむしろスケール(大規模化)中心の世界をつくりだし、文化を画一的で貧しいものにしたというのが東の考えである。東はこの数年、その考えに基づいて「配信者と視聴者と運営企業で必要経費をシェアする」新しい配信プラットフォーム「シラス」を開発してきた。同サービスはこの10月にリリースされている。

この東/シラスの問題提起は、経済学者にどのように映るのだろうか……(※ 概要全文は下記にてお読みいただけます)

※ 本イベントは配信サイト「シラス」でもご視聴可能です。

無料は本当に世界をよくするのか? 貨幣と労働の謎に迫る新・経済哲学対話! – ゲンロンカフェ https://genron-cafe.jp/event/20201226/
コンテンツツリーを見る