nicolive-logo
  • 363
  • 3
コメント

【生放送】木島泰三×吉川浩満「決定論は怖くない!? 自由意志論争と目的論・運命論・自然主義の哲学史──『自由意志の向こう側』刊行記念」 @KijimaTaizo @clnmn #ゲンロン210430

CH
有料
(3時間36分)
ゲンロン完全中継チャンネル提供:合同会社ゲンロンカフェ
↓ 番組チケット(1000円)のご購入はこちら!
https://ch.nicovideo.jp/genron-cafe/live/lv331395336

↓ 登壇者への質問を募集中!
https://forms.gle/ZzRpGBgTqv6owfSf6

人間は自分の行動の少なくない部分を、自分自身の意志で、選んで決めている。結果はあくまで選択肢のひとつであり、別の行動を選んでいれば、別の結果が存在していた――それは、本当だろうか?

科学の進歩によって、意識的な思考の外側にある、脳の無意識的な過程について知見が深められた。その結果「人間は脳(の無意識的な過程)に操られているのではないか」という考えがでてきた。また、進化生物学の成果をもとにして「人間は遺伝子に操られているのではないか」と述べる人もいる。他に、宇宙が誕生してからの出来事は自然法則によってすべて決まっており、「ありえたかもしれない」別の結果を選ぶことなど、できなかった――という考え方もある。

人間の自由意志と「決定論」といわれる問題は、長い間、哲学的な議論として続けられてきた。西洋近世哲学を専門とする木島泰三氏の初単著『自由意志の向こう側』は、古代ギリシャの哲学者から17世紀のスピノザ、現代のデネットまで、自由意志と決定論の哲学史を鳥瞰する大著だ。決定論と運命論の違い、ダーウィンの理論や近代科学の発展による議論の展開、さらに現代の問題についても考察を深めている。

この度ゲンロンカフェでは、本書の内容を中心として、自由意志と決定論をめぐる議論について木島氏にたっぷりとお話いただく。お相手は、文筆家の吉川浩満氏。本書のあとがきでは、吉川氏が縁となって本書の刊行が決まったことが紹介されている。木島氏と吉川氏がゲンロンカフェに一緒に登壇するのは、ピーター・ゴドフリー=スミス『タコの心身問題』をめぐって行われた「頭足類の心と私たちの心」(2019年3月29日)以来、2度目。どうぞお見逃しなく!


※ 放送のみのイベントです。
https://genron-cafe.jp/event/20210430/
コンテンツツリーを見る