nicolive-logo
  • 16,486
  • 8,508
コメント

三菱一号館美術館 企画展「コンスタブル展」を巡ろう / 出演: 荒川裕子 (法政大学教授)、石原良純 (気象予報士)《ニコニコ美術館》

公式
(2時間34分)
ニコニコ美術館 (ニコ美)提供:株式会社ドワンゴ
イギリスで最も有名な風景画家のひとり、ジョン・コンスタブル
日本で35年ぶりの大回顧展を巡る!




番組概要

三菱一号館美術館にて、企画展「テート美術館所蔵 コンスタブル展」が開催中です。
コンスタブル展図録監修者である法政大学教授の荒川裕子先生の解説を聞きながら、
ゲストに気象予報士の石原良純さんをお招きして、
コンスタブルの描いた雲や天気をお話頂きながら生中継で巡ります。

企画展概要
19世紀イギリスの画家ジョン・コンスタブル(1776-1837年)は、一歳年長のJ. M. W. ターナーとともに自国の風景画を刷新し、その評価を引き上げたことで知られます。
ターナーが絶えず各地を旅して、国内外の景観を膨大な数の素描に収めたのとは対照的に、コンスタブルは、ひたすら自身の生活や家庭環境と密接に結びつく場所を描きました。
故郷サフォーク州の田園風景をはじめとして、家族や友人と過ごしたソールズベリー、ハムステッド、ブライトンなどの光景を写した生気あふれる作品の数々は、この画家が何を慈しみ、大切に育んだのかを雄弁に物語ってやみません。

日本では35年ぶりとなる本回顧展では、世界有数の良質なコンスタブルの作品群を収蔵するテート美術館から、
ロイヤル・アカデミー展で発表された大型の風景画や再評価の進む肖像画などの油彩画、水彩画、素描およそ40点にくわえて、同時代の画家の作品約20点をご紹介します。
国内で所蔵される秀作を含む全85点を通じて、ひたむきな探求の末にコンスタブルが豊かに実らせた瑞々しい風景画の世界を展覧します。
(展覧会サイトより)

出演者(敬称略)
荒川裕子 (法政大学教授)
石原良純 (気象予報士)

展覧会概要
企画展「テート美術館所蔵 コンスタブル展」
詳しい情報は特設サイトをご確認ください。
特設サイトはコチラから→ https://mimt.jp/constable/

会期 : 2021年2月20日(土)~5月30日(日)
休館日: 月曜日
※但し、祝日・振替休日の場合、会期最終週と3月29日、4月26日は開館
会場 : 三菱一号館美術館
住所 : 東京都千代田区丸の内2-6-2
時間 : 10:00~18:00※ 入館は閉館の30分前まで


初めてニコニコ生放送をご利用になる方へ
ニコニコ生放送でコメント投稿頂くには会員登録(無料)が必要になります。
コメント投稿を行いたい方は「アカウント新規登録」をクリックし、
会員登録の手続きをお願い致します。
一般

<スマホで見る方はnicocasアプリをインストール!>
App Store、Google playからnicocas(ニコキャス)で検索!
Avaliable on the Appstore ANDROID APP ON Google Play



ニコニコ美術館(ニコ美)




■ニコニコニュースのFacebook、Twitterもご利用ください。
ニコニコニュースFBニコニコニュースTwitter


※生中継は諸事情により、開始が遅れる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※現地のインターネット回線状況により、放送を一時中断もしくは中止する場合がございます。