nicolive-logo
  • 5,442
  • 39
コメント

JASRAC・APMA共催オンライン国際シンポジウム「アジアのバイアウト問題を考える」

公式
(2時間05分)
JASRACちゃんねる提供:日本音楽著作権協会
日本音楽著作権協会(JASRAC)は、アジア・太平洋音楽創作者連盟(APMA)と共に、
バイアウト問題をテーマとする、ウェビナー形式の国際シンポジウムを開催します


国際シンポジウム

開催日:2021年3月25日(木)
時 間:18:30-20:30

■内容
「バイアウト」とは、映画製作者、放送局、レコード会社やゲーム会社などが作詞者・作曲者に楽曲制作を依頼する際、一時金と引き換えに"著作権を買い取る"商習慣です。近年の動画コンテンツ配信、オンラインゲーム市場の成長と共に、潜在的な「バイアウト」が広がっています。

APMAではこの問題の解決を国際会議で度々議論してきました。音楽著作権についての重要な問題をテーマにシンポジウムを企画しているJASRACは、このたびAPMAと共にウェビナー形式の国際シンポジウムを開催し、この"古くて新しい"バイアウト問題の実態と課題を共有します。

■【構成】(全編英語 日本語同時通訳あり、敬称略)
第1部 トークセッション
 ビヨルン・ウルヴァース ABBAメンバー、CISAC(著作権協会国際連合)会長
 都倉俊一 作曲家・編曲家・プロデューサー、APMA会長

第2部 基調講演
 アリス・リー 香港大学准教授

第3部 パネルディスカッション
 ガディ・オロン CISAC事務局長
 アリス・リー 
 都倉俊一

 司会 渡辺聡(CISACアジア太平洋委員会委員長)

 敬称略、役職等は2021年3月25日シンポジウム実施時のものです。

※ 本番組の放送は、【日本語同時通訳あり】版をお届けします。




さらに!プレミアム会員になると、タイムシフト機能で見逃した番組を後から視聴できます!
見逃した生放送番組はこちら!



※本番組の著作権は権利者に帰属致します。
 権利者に無断で他のウェブサイトに転載、及びにミラー配信する行為は固く禁じます。