nicolive-logo
  • 25,884
  • 12,226
コメント

東京国立博物館 特集「博物館に初もうで ウシにひかれてトーハクまいり」を巡ろう(出演:橋本麻里)【ニコニコ美術館】

公式
(2時間11分)
ニコニコ美術館 (ニコ美)提供:株式会社ドワンゴ
2021年の干支「丑(ウシ)」にちなんだ作品に触れて新年のスタート!
東京国立博物館 特集「博物館に初もうで ウシにひかれてトーハクまいり」から生中継。




番組概要

東京国立博物館で開催中の「博物館に初もうで」にて「博物館に初もうで ウシにひかれてトーハクまいり」という特集展示をしています。
美術ライター・エディターの橋本麻里さんと、
東京国立博物館 研究員の高橋真作さん(日本絵画)、福島修さん(日本工芸)、増田政史さん(日本彫刻)
の解説を聞きながら生中継で巡ります。

企画展概要
力強く従順で、人の営みを傍らで支え続けてきた牛。
平安時代には貴族の生活と密着して牛車の文化を育み、また時には神の乗り物や仏教における悟りの象徴ともみなされました。
この特集では、牛にまつわる豊かな歴史と文化をご覧いただきます。
少し風変わりなタイトルは、「牛に引かれて善光寺参り」ということわざを基にしたもの。
 このことわざは「身近に起こった出来事に導かれて、思いがけない縁が結ばれること」の例えです。
このような状況だからこそ、展示作品との思いがけない出会いを通して、
改めてトーハクと縁を結んでいただきたい。
という想いを込めました。ぜひ展示室で、さまざまな表情を見せる牛たちにご対面ください。
(展覧会サイトより)

出演者(敬称略)
橋本麻里 (ライター・エディター、公益財団法人永青文庫副館長)⇒ @hashimoto_tokyo
高橋真作(日本絵画)、福島修(日本工芸)、増田政史(日本彫刻) (以上、東京国立博物館研究員)


展覧会概要
特集「博物館に初もうで ウシにひかれてトーハクまいり」
詳しい情報はイベントサイトをご確認ください。
イベントサイトはコチラから→ https://www.tnm.jp/modules/r_event/index.php?controller=dtl&cid=5&id=10591
※入館にはオンラインによる事前予約(日時指定券)が必要となります。
入館方法の案内はコチラから→https://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=2028

会期 : 2021年1月2日(土)~1月31日(日)
休館日: 1月4日、12日、18日、2日
会場 : 東京国立博物館 本館 特別1室・特別2室
住所 : 東京都台東区上野公園13-9
時間 : 9:30~17:00
※ 入館は閉館の30分前まで


初めてニコニコ生放送をご利用になる方へ
ニコニコ生放送でコメント投稿頂くには会員登録(無料)が必要になります。
コメント投稿を行いたい方は「アカウント新規登録」をクリックし、
会員登録の手続きをお願い致します。
一般

<スマホで見る方はnicocasアプリをインストール!>
App Store、Google playからnicocas(ニコキャス)で検索!
Avaliable on the Appstore ANDROID APP ON Google Play



ニコニコ美術館(ニコ美)




■ニコニコニュースのFacebook、Twitterもご利用ください。
ニコニコニュースFBニコニコニュースTwitter


※生中継は諸事情により、開始が遅れる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※現地のインターネット回線状況により、放送を一時中断もしくは中止する場合がございます。