nicolive-logo
  • 379
  • 42
コメント

ロシア「大祖国戦争勝利75周年記念軍事パレード」閲兵式をモスクワの赤の広場で開催する

CH
(1時間25分)
日中ホットライン提供:株式会社ムーランプロモーション
日本時間6月24日16:00よりロシア「大祖国戦争勝利75周年記念軍事パレード」閲兵式をモスクワの赤の広場で開催する。

1万3000人以上のロシア軍人が閲兵式に参列し、216の地上兵器と75の航空戦闘機が展示される。
また、ロシア側の招待を受けて、中国人民解放軍も勝利の名誉衛兵として閲兵式に参加することとなります。

赤の広場のパレードでは、最初に登場するのは40名以上になる軍事分隊で、
参加者はあらゆる階級の現役軍人と士官候補生のロシア兵です。
続いては、大祖国戦争から現代に至るまでの様々な武器や装備品を展示します。
大愛国戦争で様々な戦績を残された主力戦車T-34です。
次に登場するのはT-80BVM主戦戦車、アルマタ重歩兵戦闘車、ターミネーター戦車支援車などの
機械化車両の他、イスカンダーM戦術ミサイルシステムやS-400トライアンフ長距離高射ミサイル
システムなどの重装備も登場します。

航空パレードの先頭を走るのは、Mi-26、Mi-8ヘリコプターガンシップの編隊、
それに続くMi-35、Ka-52、Ka-28の編隊でした。後続するの航空隊は、ロシア軍の輸送機や
長距離戦闘機で構成されています。

IL-76軍用輸送機、A-50長距離電子偵察機、戦略爆撃機などが含まれます。
また、MiG-29、Su-24、Su-57などロシアの先進的な軍用機も順番に赤の広場上空を飛行する。

中国、カザフスタン、モンゴル、セルビアなど13カ国の名誉衛兵から
ロシア「大祖国戦争勝利75周年記念軍事パレード」閲兵式に参加しています。
コンテンツツリーを見る