nicolive-logo
  • 6,478
  • 636
コメント

福島第一原発事故、9年目の現実 〜カネ、汚染、責任、そして全国の原発は今、どうなっているのか〜

公式
(1時間48分)
ニコニコニュース提供:株式会社 ドワンゴ
原発事故から9年
限界が近づく汚染水問題など
待った無しの現実がそこにある・・・


東京電力福島第一原発事故から9年。3月4日には、双葉町の一部が、5日には大熊町の一部が、そして、10日には富岡町の一部が、避難指示解除になりました。しかし、解除されても、まだ住宅や店舗は当時のままで、途方に暮れる現実が待っています。
また、日々流れ続ける汚染水の貯水タンクの置き場も限界に近づき、海洋放出も時間の問題とされています。
今年の311特集は、東電会見に出続け、質問し続けているフリーライターの木野龍逸氏と、東電刑事裁判を傍聴し続けた、ジャーナリストの添田孝史氏を迎え、実際のデータや証拠に基づき、9年目の現実を明らかにしていきます。

当番組では、ユーザーの皆様から質問を募集しています。
 番組ページ内の “質問応募フォーム” よりお送りください。
  クリックで投稿フォームへ

※質問が重複する場合や、会見の進行、質問者に選ばれないなど
 展開によって質問の代読ができないことがあります。あらかじめご了承ください

出演者 (敬称略)

木野龍逸(きの・りゅういち) Twitter: @kinoryuichi 木野チャンネル
フリーランスのライター兼カメラマン。環境問題、次世代自動車などを中心に取材。東日本大震災以降は、福島第一原発の事故を集中的に取材中。著書に『検証 福島原発事故 記者会見 東電・政府は何を隠したのか』(故日隅一雄氏との共著)、『同2 収束の虚妄』『同3 欺瞞の連鎖』(以上、岩波書店)ほか。



添田孝史(そえだ・たかし)Twitter: @sayawudon
元朝日新聞科学部記者。2011年に退社、以降フリーランス。
1997年から原発と地震について取材を続けている。著書に『原発と大津波 警告を葬った人々』『東電原発裁判ー福島原発事故の責任を問う』(どちらも岩波新書)


関連番組




過去の関連番組









初めてニコニコ生放送をご利用になる方へ
ニコニコ生放送でコメント投稿頂くには会員登録(無料)が必要になります。
コメント投稿を行いたい方は「アカウント新規登録」をクリックし、
会員登録の手続きをお願い致します。
一般

<スマホで見る方はアプリをインストール!>


■ニコニコニュースのFacebook、Twitterもご利用ください。
ニコニコニュースFBニコニコニュースTwitter

※生中継は諸事情により、時間の変更等の可能性があります。このため開始が遅れる場合や、
 準備の都合上、途中からの放送となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※中継のため、出演者からのコメントへの返答はございません。
※現地のインターネット回線状況により、放送を一時中断もしくは中止する場合がございます。