nicolive-logo
  • 735
  • 173
コメント

平成30年度第2回CRCフォーラム (第24回 WBA勉強会)

CH
(2時間58分)
ドワンゴ研究開発チャンネル提供:株式会社ドワンゴ
・テーマ『アブダクション』 ~ 仮説生成する脳型人工知能へ向けて ~

主 催:東京電機大学 研究推進社会連携センター
共 催:NPO法人 全脳アーキテクチャ・イニシアティブ
後 援:株式会社 ドワンゴ

人間に近い人工知能、あるいは人間を超えた人工知能の開発に、情報工学、認知科学、神経科学の研究者が共同で取り組んでいます。
自ら仮説を生成し検証するアブダクション推論の人工知能への実装は、その要の一つと言えます。
本フォーラムは、各分野の研究者の最新の知見を紹介するとともに、研究のさらなる深化へのきっかけとすべく開催致します。

スケジュール(予定)
17:40 開始 (途中休憩あり) 開催挨拶
 古谷 涼秋 教授 (東京電機大学 研究推進社会連携センター 研究推進部長)
 山川 宏 全脳アーキテクチャ・イニシアティブ代表、ドワンゴ人工知能研究所所長
研究概要紹介
「トップダウン制約からの強化学習と社会学習」
  高橋 達二 准教授 (東京電機大学 理工学部理工学科)
「仮説生成に向けた等価性構造抽出」
  佐藤 聖也 助教 (東京電機大学 理工学部理工学科)
「現代人工知能によって何がわかるのだろうか」
  前田 英作 教授 (東京電機大学 システムデザイン工学部)
「アブダクションは具体的に研究しうる〜遮蔽補完の計算論〜」
  坂本 一寛 准教授 (東北医科薬科大学 医学部)

パネルディスカッション
「人間並みの仮説生成・検証の能力の実装のためには何が必要か? (仮)」
19:50 終了
コンテンツツリーを見る