nicolive-logo
  • 9,934
  • 660
コメント

【ゲーム文化論】新しいメディアとイベントのカタチ ゲーセン文化研究会トークイベント生中継

公式
(3時間06分)
電ファミニコゲーマー提供:株式会社ドワンゴ

初めてニコニコ生放送をご利用になる方へ
ニコニコ生放送のご視聴には会員登録(無料)が必要になります。
会員登録の手続きをお願い致します。
一般

ニコニコ生放送の詳細な説明は「ニコニコ生放送とは」をご覧下さい。
さらにご不明な点がある際には、ヘルプページの「よくある質問」などをご参照下さい。

日本に限らず、世界中で白熱している「ゲーム実況」文化―。
“伝説のゲーセン”高田馬場ゲーセンミカドの店長・イケダミノロック
『現代メディア・イベント論』の編者のひとりである 飯田豊
『ゲームセンター文化論』の 加藤裕康、『現代ゲーム全史』の 中川大地
の4人が、ゲーム文化を多様な角度から語り尽くします!



ネイキッドロフト

ネイキッドロフト(新宿)で開催される
ゲーセン文化研究会によるトークイベント
「新しいメディアとイベントのカタチ」

★実際に現地で観覧されたい方はこちら↓
OPEN 12:00 / START 12:30
予約¥1500 / 当日¥2000(飲食代別)
地図はこちら(東京都新宿区百人町1-5-1 百人町ビル1F)
※予約は【チケット予約フォーム】より受付!


出演者
飯田豊(社会学者)⇒ Twitter:@yutakaiida
イケダミノロック(ギタリスト、高田馬場ゲーセンミカド店長)⇒ Twitter:@babamikado
加藤裕康(社会学者)⇒ Twitter:@hiroyasukatou
中川大地(編集者)⇒ Twitter:@d_nak

ビデオゲームのプレイ画面を、解説や雑談を交えて楽しむゲーム実況は、日本に限らず、世界中で白熱している。動画共有サイトで馴染みがある著名な実況者は、ゲームイベントで多くのファンを集める。インターネットが普及し、ゲームの楽しみ方は多様なカタチで広まっている。

現代社会においては、メディアもイベントもさまざまな場所に散らばり、ビオトープのように機能している。昨年刊行された『現代メディア・イベント論 ―パブリック・ビューイングからゲーム実況まで』では、グローバル時代におけるメディアとイベントの関係が具体的な事例にもとづいて論じられ、そのなかで「ゲーム実況」についても扱われている。

そこで、このトークライブでは「ゲーム」に焦点をあて、こうした新しいメディアとイベントのカタチについて語り尽くす。


褒められて伸びるゲームメディア「電ファミニコゲーマー」
ここでしか読めないオリジナル記事を公開中!
>詳細はこちら


■ニコニコニュースのFacebook、Twitterもご利用ください。
ニコニコニュースFBニコニコニュースTwitter


現代メディア・イベント論