nicolive-logo
  • 45,196
  • 24,036
コメント

【日本で初めて競技化】全日本まくら投げ大会 in 伊東温泉 実況生中継

公式
(7時間02分)

ニコニコニュース提供:株式会社 ドワンゴ
日本で初めて競技化、浴衣姿で本気のまくら投げ!
掛け布団で防御を専門とする「リベロ」や
「先生がきたぞォ~」コールなどの特殊ルールも。

まくら投げ
「第6回 全日本まくら投げ大会 in 伊東温泉」の模様を、
静岡県・伊東市民体育センターから生中継!

修学旅行でお馴染みの「まくら投げ」がスポーツ競技になりました。
1チーム8人編成で対戦チームと枕を投げ合い勝敗を決めます。
掛け布団で選手を守る「リベロ」、当てられたらその場で負けになる「大将」
とユニークなポジションもあります。相手陣地の枕を回収できる
「先生がきたぞォ〜」コールというルールも。

参加者数は予選会を含めて年々増えており、今年は
「一般の部」48チームに「子供の部」9チーム。
一般優勝チームには賞金10万円と大会記念まくらなどが贈呈されます。
ニコニコ生放送では、2日目決勝を主に「一般の部」が行われるコートから
試合実況&リポートを交えながらお届けします。

■実況アナウンサー
伊東市ケーブルテレビ局CVA様ご協力)
加藤貴子 大田景子
加藤貴子大田景子

全日本まくら投げ大会とは
地元・静岡県伊東市の伊東高校城ヶ崎分校の生徒が考案し、
全国高等学校デザイン選手権大会(デザセン)2010で準優勝・市民賞・
高校生賞を受賞した「まくら投げのすすめ」を基に、「まくら投げ」を
競技として確立させ、枕を思い切り投げ合ってストレス発散が出来るイベント
 ※過去のデザセン(2012年から) のタイムシフト視聴は ⇒ こちら

【関連リンク】
静岡県伊東市 公式ホームページ
全日本大学まくら投げ連盟(JUMF)公式ホームページ
【まくら株式会社】競技公式「まくら投げ専用枕」がリニューアル
第6回全日本まくら投げ大会 in 伊東温泉 競技ルール
makura_rule01 makura_rule02

■この番組に関するニュースを読むニコニコニュース
初の千葉県予選会 “先生来たら正座”ユニークルールも 木更津(千葉日報オンライン)
まくら投げで町おこし!?「第5回全日本まくら投げ大会in伊東温泉」(日本の歩き方)
スポーツとしてのまくら投げ「全日本まくら投げ大会」開催
ついに決定したまくら投げの正式ルールがガチすぎる
(ねとらぼ)

■ニコニコニュースのFacebook、Twitterもご利用ください。
ニコニコニュースFBニコニコニュースTwitter

※生中継は諸事情により、時間の変更等の可能性があります。このため開始が遅れる場合や、
 準備の都合上、途中からの放送となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※現地のインターネット回線状況により、放送を一時中断もしくは中止する場合がございます。


まくら投げ専用枕プレゼント