This program ended on 01/18/2018 (THU) 28:09 .

The Timeshift for this program is available to all users.

N高「冲方丁 KADOKAWA文芸小説創作講座」公開授業

Floor Guide

Jan/18/2018 (THU) Opens: 26:50 Starts: 27:00
This program ended on 01/18/2018 (THU) 28:09.
Views: 7499 Comments: 1191

N高等学校生限定で実施している『KADOKAWA文芸小説創作授業』をニコ生でも同時配信いたします。
本授業は、KADOKAWAから作品を発表する作家を講師とし、小説の創作に必要な知識や表現方法などを学習します。

冲方氏が講師を務めるこの授業は全3回にわたって実施され、作家としての活動や表現方法にかかわる事前課題に生徒が回答し、授業にて講評と解説を行います。
第1回課題は「ペンネームを考えてみよう」、第2回は「一人称視点と三人称視点」でした。
最終回となる今回は公開授業としてニコニコでも配信いたします。

【今回の課題】
・ある言葉を、その言葉を使わずに説明しよう

「花」、「雪」、「インターネット」、「高校生」……などなど。
それが何であるか、その言葉を使わずに説明してみよう。
説明した後、一行空けて、「それは〇〇と呼ばれている。」と最後に書こう。
---------------------------------------------
冲方先生の作例はこちら
投稿作品はこちら
---------------------------------------------
この番組は、N予備校でも視聴することができます。
N予備校での視聴はこちら

講師

冲方丁(うぶかた・とう)
1977年岐阜県生まれ。96年『黒い季節』で第1回スニーカー大賞金賞を受賞してデビュー。
2003年『マルドゥック・スクランブル』で第24回日本SF大賞受賞。
09年に刊行した『天地明察』で第31回吉川英治文学新人賞、第7回本屋大賞、2011大学読書人大賞、第7回北東文芸賞、第4回舟橋聖一文学賞を受賞。
12年『光圀伝』で第3回山田風太郎賞を受賞。
近著に、『はなとゆめ』『マルドゥック・アノニマス』『十二人の死にたい子どもたち』『戦の国』などがある。
twitter ⇒ 冲方サミット


冲方氏からのメッセージ
自分の考えや経験を正確に述べ、相手に伝えるということは社会生活を送る上でもっとも大切なことです。
それを身に付けた上で、考えを伝えることの大切さ面白さを学んでほしい。
そして、多彩な表現を身に付けてほしいです。


N高等学校
ネットを活用した単位制・通信制のN高等学校(本校所在地:沖縄県うるま市)は、
PCやスマホを使用し自分のペースで高校卒業資格のための勉強を進められる高校です。
通学コースでは一般的な集団授業を行わず、担任はコーチングとして生徒への個別指導や面談でのサポートに時間を注ぎます。
ネットコース・通学コースともに、これまでの単位制・通信制高校にはない、新しいカタチのネットの高校です。
生徒一人ひとりの自らの夢の実現のために、N高等学校は全力で生徒をサポートします。




N予備校
N高 Advanced Program(課外授業)用に作られたアプリが『N予備校』です。
ネットで授業に参加できる生授業とオリジナルのテキスト教材・問題集で学ぶことができます。
「大学受験対策授業」「中学復習講座」「プログラミング授業」は一般でも公開しています。
N予備校の学費は、月額約1,000円です。
入学すると『大学受験対策・中学復習講座・プログラミング』すべてのコースと機能をご利用いただけます。



CHANNEL INFO

2 6 3 2 7 4 7 ch