• 10,778
  • 1,690
コメント

「戦後ゼロ年 東京ブラックホール 1945-1946」NHKスペシャルを一緒に見る放送

公式
(1時間42分)
終戦特別企画「72」提供:株式会社ドワンゴ
ヒト・モノ・カネをブラックホールのようにのみこむ敗戦直後の東京。
山田孝之とともに、連合軍の占領からはじまった戦後ゼロ年を追体験していく。


8月20日放送 NHKスペシャル 「戦後ゼロ年 東京ブラックホール 1945-1946」
みんなで一緒に語り合いながら見ませんか。
ユーザーの皆さまがコメントで語り合う場としてご活用ください。

※Nスペ本編は放送されませんので、テレビでご視聴ください。
また、本番組では、出演者及び解説の実施はありません。※

対象番組
NHKスペシャル 「戦後ゼロ年 東京ブラックホール 1945-1946」
放送時間:NHK総合 8月20日(日) 21時00分~21時59分

終戦直後の東京を記録した鮮明な映像が、次々に発掘されている。
極秘扱いだった10万ページに及ぶCIA文書が情報公開法によって続々と公開され、
敗戦直後の東京をめぐる新たな真実が明るみに出てきた。
焼け跡に最初に出現したブラックホールは「闇市」だった。
日本軍や米軍のヤミ物資が大量に横流しされ、大金を手にした野心家が、新しいビジネスを興す。
六本木や銀座には、治外法権の「東京租界」が生まれた。
占領軍を慰安するショービジネスから、戦後の大衆文化を担う人材が生まれた。
連合軍の占領からはじまった戦後ゼロ年の東京。それは、今の東京を生み出した原点である。
俳優の山田孝之が、21世紀の若者にふんし、
時空を超えて当時のフィルムの中に入り込み、東京ゼロ年を追体験していく。


関連番組






「ニコニコドキュメンタリー」特設サイト


クラウドファンディングでドキュメンタリーを応援しよう

江戸時代の循環農業が今も息づく「武蔵野」の輝きを広く伝えたい!
世界が熱狂した最前線ドキュメンタリー映画 短編3作品一挙公開&前夜祭「爆音サイレント上映」
日本の祭りを世界へ伝えるドキュメンタリー映画「祭の男 MIKOSHI GUY」
生きるためにラップするアフガン難民に関するドキュメンタリー映画『ソニータ』の劇場公開を応援してください!
その他のプロジェクトはドキュメンタリーメインサイトからご覧ください。


☆初めてニコニコ生放送をご利用になる方へ
ニコニコ生放送のご視聴には会員登録(無料)が必要になります。
会員登録の手続きをお願い致します。
一般

ニコニコ生放送の詳細な説明は以下の「ニコニコ生放送とは」をご覧下さい。
http://live.nicovideo.jp/s/niconamaguide