【『ゲンロン0 観光客の哲学』刊行記念】東浩紀「『存在論的、郵便的』と『弱いつながり』の弱いつながり――...

Floor Guide

Apr/06/2017 (THU) Opens: 25:57 Starts: 26:00
This program ended on 04/06/2017 (THU) 29:30.
Views: 719 Comments: 12
『存在論的、郵便的』の出版から15年。
そのあと『動物化するポストモダン』(http://amzn.to/1PyRrme)を書き、『クォンタム・ファミリーズ』(http://amzn.to/1oExdSA)を書き、『一般意志2.0』(http://amzn.to/1RXp9bn)を書き、『福島第一原発観光地化計画』(http://amzn.to/2oDuglH)を出版し、現代思想からずいぶん遠ざかっていると思われているぼく(東浩紀)ですが、デビュー作にはすべてが入っているとの格言(?)のとおり、『存在論的、郵便的』(http://amzn.to/1PS5QLi)にはその後のすべての著作の萌芽が入っています。そして、それをいちばんよく知っているのは、むろんぼくなわけです。本来ならばそれをだれかに読み解いてほしいのですが、いっこうにだれもやってくれそうにないし、自分でやることにしました。これはそんな講座です。
『存在論的、郵便的』を最初からじわじわ読んでいく不定期の連続講座になります。よろしくです!
(東浩紀)

『存在論的、郵便的』と『弱いつながり』の弱いつながり – ゲンロンカフェ
http://genron-cafe.jp/event/20141108/

CHANNEL INFO

2 5 8 0 1 9 3 ch