This program ended on 01/29/2017 (SUN) 24:07 .

The Timeshift for this program is available to all users.

N予備校公開授業 「その1点をつかむための入試直前英語」中堅~上位私大②

Floor Guide

Jan/29/2017 (SUN) Opens: 21:50 Starts: 22:00
This program ended on 01/29/2017 (SUN) 24:07.
Views: 12079 Comments: 700
「N予備校」中堅~上位私大(GMARCHレベル)英語 入試対策授業をニコ生でも公開いたします。
この授業は予習前提となっていますので、番組を視聴される方は「N予備校」にて公開しております授業教材をご覧ください。
また、「N予備校」で視聴すると先生への質問や挙手(回答添削)など、独自の機能をお使いになれます。


PCからの視聴は こちら
スマホ用アプリのダウンロードはこちらから。

iPhone用  
Android用 Google Play で手に入れよう

アプリを起動し、メニューから「授業」→「すべてのコース」からご覧ください。


課題提出募集のお知らせ
2月6日(月)15:00〜17:00 に実施致します『N予備校公開授業 「その1点をつかむための入試直前英語」東京大学』では、中久喜先生が皆さんの解答を授業中に添削します。
そのため、解答の事前提出を募集致します。
添削を希望される方は、以下の要領にしたがって解答を提出して下さい。

【添削について】
・提出いただいた解答は、すべて簡潔に採点して返送致します。
・提出いただいた解答の中から、中久喜先生がいくつかを選択して、番組内で添削致します。
・問題1、問題2のどちらか片方だけでもかまいません。
・辞書の使用と、解答時間については基本的に自由です。
※メールの本文に「辞書を使用したかどうか/解答時間は何分か」を明記してお送りください。

【解答の送付方法】
メールを以下の内容でお送りください。
宛先juken2017@nnn.ed.jp
タイトル:東大英語課題の提出
本文:・ペンネーム(授業での添削時にこちらの名前を使用します。)
   ・辞書を使用したかどうか。
   ・解答時間は何分か。
   ・解答は本文、テキストファイル添付のどちらでも可能です。

【提出期限】
2017年2月4日(土)23:59 まで


【その他の大学課題はこちらから】
京都大学

【問題】


講師

中久喜 匠太郎
「日本人が英文を正しく読むために必要なこと」の模索を英語講師としての第一目標に掲げ、代々木ゼミナールのオリジナル単科ゼミ、サテライン講座を歴任。
教育理論よりも日々生徒たちと向かい合うなかで得られたフィードバックを重視した実践的な英文読解指導は、受講者から絶大な支持を得ている。
著書に『カリスマ講師の 日本一成績が上がる 魔法の英文読解ノート』がある。
【指導実績】代々木ゼミナール
twitter ⇒ @n_nakakuki  ブログ① ⇒ 「N高校講師 中久喜匠太郎」  ブログ② ⇒ 「独航録」


その他の英語 入試対策授業





記述・論述対策授業






N予備校のご紹介
N予備校では、
・実力派予備校講師による大学受験対策授業
・ドワンゴエンジニアが教えるプログラミング授業

を双方向性システムを取り入れた生放送とオリジナルのテキスト教材で学ぶことができます。

N予備校の詳しいシステムについては こちら
N予備校公式twitter ⇒ @n_yobikou

※大学受験コースは2017年3月まで無料です。
※プログラミングコースは月額1,000円(税抜)となります。
※先生への質問や挙手(回答添削)など、独自の機能をお使いになるには「N予備校」にてご視聴ください。

CHANNEL INFO

2 6 1 1 3 8 1 ch