【2016/7/28収録】中田考×東浩紀「カリフ制再興 vs 一般意志2.0——民主主義はこれからどうなるのか?」 @HAS...

Floor Guide

Oct/12/2016 (WED) Opens: 25:57 Starts: 26:00
This program ended on 10/12/2016 (WED) 28:51.
Views: 664 Comments: 22
中田考は民主主義とは制限選挙寡頭制にすぎないと述べている(『私はなぜイスラーム教徒になったのか』
http://amzn.to/297hh6W)。
人やモノの移動を禁じ、国民とそれ以外とを区別する国民国家(領域国家)の制度は、根源的な問題を抱えており、別の制度に移行すべきだという主張だ。
その制度が「カリフ制」。それは、シャリーア(イスラム法)によって統治された、国境の存在しない理想の世界だと中田は言う。

他方、東浩紀は『一般意志2.0』(http://amzn.to/1RXp9bn)において、情報技術を利用した民主主義のバージョンアップを提起していた。
動物的な生を保障するグローバルなプラットフォームのうえに、小さな最小国民国家が立ち並ぶべきだというその主張は、中田のカリフ制論と呼応すると言えなくもない。
同構想は、年末刊行予定の『ゲンロン0』(https://genron-tomonokai.com/genron/#post-3796)でさらに展開される予定である。(『ゲンロン0』の内容の一部は『ゲンロン観光通信 #7』
http://amzn.to/29XAGGs)『ゲンロンβ4』
http://amzn.to/29XBx9Q)で読める)。

カリフ制と一般意志に共通点はあるのか。中田と東の対話は成立するのか? 
そもそも、国民国家と民主主義がダメだとして、それをそう簡単に放棄してよいのか? 
現代世界のシステムを根本から問い直す、大型対談がここに実現!

カリフ制再興 vs 一般意志2.0 | ゲンロンカフェ
http://genron-cafe.jp/event/20160728/

CHANNEL INFO

2 5 8 0 1 9 3 ch