• 238
  • 82
コメント

第168回UIチャンネル放送 鳩山友紀夫×朝賀昭(政経調査会会長)「今なぜ田中角栄なのか-日中関係そして沖縄-」(後篇)

CH
(1時間30分)

友紀夫・享・大二郎・孟のUIチャンネル提供:東アジア共同体研究所
9月19日(月)20時からの第168回UIチャンネル放送は、田中角栄氏に23年間側近として仕え、政経調査会会長の朝賀昭氏を再度ゲストにお招きして、鳩山友紀夫×朝賀昭(政経調査会会長)「今なぜ田中角栄なのか-日中関係そして沖縄-」(後篇)をお送りいたします。

朝賀昭氏プロフィール
昭和18年(1943年)東京生まれ。都立日比谷高校時代に田中角栄自民党政調会長(当時)の知己を得て、中央大学法学部を卒業した昭和41年に正式に秘書となる。

以後、田中角栄氏に23年間側近として仕えた秘書。田中派秘書1000人を束ね、政策実現、選挙の強さで他に類を見なかった田中軍団を支える。その情報収集力、実行力、交友関係の広さは、ずば抜けており、現在も数多くの政治家が指導を仰ぐ。

今年最大のベストセラーとなっておる田中角栄元総理を描いた石原慎太郎著「天才」は、朝賀昭氏の著書「田中角栄最後の秘書が語る情と智恵の政治家」(www.amazon.co.jp/dp/4474029178)や朝賀昭氏のインタビューをもとに構成された「角栄のお庭番 朝賀昭」(www.amazon.co.jp/dp/4062187507)の内容が主な参考文献となっている。

田中角栄元総理が再び脚光を浴びる中、テレビ番組への出演や、日刊ゲンダイの連載で側近として仕えた秘書であった朝賀昭氏しか知りえない田中角栄元総理の実像を語る。
朝賀昭氏による話は、まさに日本政治史に残る歴史の瞬間の真実であり、「お庭番」であることからと最近まで表舞台に登場することを控えていた朝賀昭氏の話により明らかになった新事実も多い。

 番組内では質問を受け付けておりますので、コメント欄またはinfo@eaci.or.jpまでお寄せ下さい。
コンテンツツリーを見る