• 45
  • 0
コメント

東京青年会議所5月例会 パラレルキャリアが未来を切り拓く ~2枚の名刺が生み出す新たな価値~

CH
(2時間44分)
東京都内選挙 公開討論会チャンネル提供:公益社団法人 日本青年会議所 関東地区 東京ブロック協議会
来るべき高齢化・人口減少を乗り切るための「働き方」改革を提言!2枚目の名刺を持つパラレルキャリアの実践者が語り尽くす!人口減少によって労働力人口は今後、減り続けていきます。2014年の労働力人口6587万人と比較して、2030年には1割以上(787万人)減少し、5800万人になるとされています。今の経済規模を維持するためには、ひとり1人の生産性を高めることが必要です。また、長時間労働をしている人が諸外国と比較して多く(特に男性)、育児と仕事との両立が難しい、子供が生まれても二人目以降は産みにくい社会になっています。「働き方」改革の一つとして、仕事以外の地域活動・NPO活動を行うパラレルキャリアが注目を集めています。また、定年退職後に生きがいを失って独居老人化する「サラリーマンの高齢化」が社会問題となっている中、パラレルキャリアは仕事一筋・会社依存のキャリア構築から脱却できる手段としても有効です。本例会では、基調講演に加えて、パラレルキャリアの実践者をパネリストとしたディスカッションを行います。参加者全員がパラレルキャリアの意義を理解し、かつ実践できるよう具体的なアドバイスをご提供します委員会報告・オープニング映像米倉誠一郎教授による基調講演パネル・ディスカッションコーディネータ:石山恒貴教授パネリスト:西村剛敏氏、鈴木美穂氏、樋下稔生氏
コンテンツツリーを見る