【生放送】辻田真佐憲「プロパガンダとしての観光——帝国日本の『聖地巡礼』から中国レッドツーリズムまで」...

Floor Guide

Apr/14/2016 (THU) Opens: 26:57 Starts: 27:00
This program ended on 04/14/2016 (THU) 29:21.
Views: 413 Comments: 54
観光はプロパガンダにとって最良の手段である。
ナチス・ドイツは、歓喜力行団を設立して「ひとつの民族」に観光の楽しみを与え、ヒトラーの生家を「聖地化」した。帝国日本は、紀元2600年に建国神話の「聖地巡礼」事業を行い、大東亜共栄圏の「観光地化」を構想した。
プロパガンダは民衆に浸透させなければ用をなさない。民衆に浸透させるためには楽しさが必要だ。それゆえ、楽しく新鮮で、五感を通じてひとびとに訴えかける観光は、プロパガンダの手段として昔からたいへん重視されてきた。
近年も、中国が「紅色旅游」(レッドツーリズム)の名のもと中国共産党の宣伝を行い、金正恩体制の北朝鮮がスキー場や飛行場を整備して観光立国をめざしている。観光は、現在のプロパガンダを知る最良の手段でもある。
そこで、シリーズ5回めの今回は、「プロパガンダとしての観光」に焦点をあてる。登壇者は、2013年に北朝鮮、2014年にヒトラーの生家、2015年に中国のレッドツーリズムなど、プロパガンダ観光の今昔の地を歩いてきた。その内容(特に最新の中国レッドツーリズム)を詳しく取り上げることを通じて、プロパガンダ観光の歴史と未来を考える。

……


全文は以下のリンクからご覧ください。

プロパガンダとしての観光 | ゲンロンカフェ
http://genron-cafe.jp/event/20160415/


※イベントが続いている場合でも、生放送は24:00で終了します。
※権利上の関係で音声を一部ミュートさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

CHANNEL INFO

2 5 8 0 1 9 3 ch