nicolive-logo
  • 318
  • 152
コメント

メイド喫茶通信~いつか見た夢~番外編

CH
(1時間00分)
AKIBAPOP:DOJOチャンネル提供:ユメノソラホールディングス株式会社
【放送内容】
2001年に世界初の常設メイド喫茶「Cure Maid Cafe」がオープンしてから早14年。全国に多くのメイド喫茶が誕生し、そして消えていった。そこには店のオーナーやメイド、そしてご主人様やお嬢様たちの小さな夢が託されていたのかもしれない。メイド喫茶は、忘れていたユメを私たちに再び見させるような魔力がある。

本番組ではたかとらがインタビュアーとなり、メイド喫茶に深い関わりのあるゲストを毎回お招きし、メイド喫茶に賭けた夢をお聞きする。当事者たちの肉声をアーカイブし次世代へ残すとともに、いまだ果たされていないメイド喫茶の新たな可能性を探していく。

今回は番外編。ゲストはメイド喫茶の常連客で、仮の名前をムーミンとしておく。ムーミンは顔出しがNGということで、カメラから姿を隠す形での出演。ムーミンは、日々メイド喫茶に通いつつも、メイドの振る舞い、メイドと客の関係性、業界の方向性には常々疑問を感じているようである。メイドと女性性、オタクと非モテ、恋愛の場としてのメイド喫茶などタブー視されがちな話題にも切り込んでいく。


【出演者】
 聞き手 …… たかとら
メイド喫茶愛好家。2011年冬コミで全国のメイド喫茶開店日、閉店日をリスト化したデータブック『mccomplex』を頒布、2013年夏コミで初のメイド喫茶評論誌『カフェ批評』を頒布している。

 ゲスト……ムーミン
メイド喫茶のヘビーユーザー。Cure Maid Cafeしかメイド喫茶が存在しない時代からメイド喫茶に通い始める。数年のブランクの後、@ほぉ~む茶房でメイド喫茶熱が再燃。メイド喫茶の「電波性」に魅入られ、現在に至るまで日々通い続けている。
コンテンツツリーを見る