nicolive-logo
  • 223
  • 59
コメント

第116回UIチャンネル生放送 高野孟×加藤登紀子 特別対談【後篇】「音楽の抑止力」

CH
(1時間22分)
友紀夫・享・大二郎・孟のUIチャンネル提供:東アジア共同体研究所
8月17日(月)20時からの第116回UIチャンネル放送は、シンガーソングライターの加藤登紀子さんをお招きして、 高野孟×加藤登紀子 特別対談【後篇】「音楽の抑止力」を千葉県鴨川市よりお送り致します。

加藤登紀子氏プロフィール
1965年東京大学在学中、第2回日本アマチュアシャンソンコンクールに優勝し歌手デビュー。
1966年「赤い風船」でレコード大賞新人賞、1969年「ひとり寝の子守唄」、1971年「知床旅情」でレコード大賞歌唱賞を受賞。
以後、70枚以上のアルバムと多くのヒット曲を世に送り出してきた。NHK紅白歌合戦に2回出場(71年、89年)。年間数十回におよぶ国内コンサートのみならず、1988年、1990年のカーネギーホールをはじめ、世界各地でもコンサートを行っている。
近年は、野外フェスにも意欲的に挑戦し、FUJI ROCKFESTIVALやap bank fesに出演。世代やジャンルを超えた活動で注目を浴びている。また、国内地域とのつながりを大切にしているため各方面の大使に任命されている。滋賀ふるさと大使、佐渡トキ環境親善大使、島根有機農業大使、能登・七尾市ふるさと大使など。
2011年東日本大震災後、度々被災地を訪れ避難所でもLiveを行っている。9月にアルバム「命結-ぬちゆい」をリリース。このアルバムの印税を基に「ぬちゆい基金」を設立。福島の子供達の健康を守るための活動を支援した。
また、地球環境問題にも積極的に取り組み、1997年、WWFジャパン(世界自然保護基金ジャパン)評議員(現在、WWFジャパン顧問及びWWFパンダ大使)に就任したのに続き、2000年10月にはUNEP(国連環境計画)親善大使に任命された。アジアやオセアニア各地を精力的に訪れ、自らの目で見た自然環境の現状を広く伝えるほか、音楽を通じた交流を重ねている。(2011年3月にUNEP親善大使を退任)2008年4月、国連総会議場(ニューヨーク)にてUNEP親善大使としての活動報告とLIVEを行う。国内では、千葉県鴨川市の「鴨川自然王国」を拠点として、若い世代とともに循環型社会の実現に向けて活動を続けている。
コンテンツツリーを見る