nicolive-logo
  • 317
  • 301
コメント

メイド喫茶通信~いつか見た夢~第3回

CH
(1時間00分)
AKIBAPOP:DOJOチャンネル提供:ユメノソラホールディングス株式会社
【放送内容】
2001 年に世界初の常設メイド喫茶「Cure Maid Cafe」がオープンしてから早 14 年。全国に多くのメイド喫茶が誕生し、そして消えていった。そこには店のオーナーやメイド、そしてご主人様やお嬢様たちの小さな夢が託されていたのかもしれない。メイド喫茶は、忘れていた夢を私たちに再び見させるような魔力がある。

本番組ではたかとらがインタビュアーとなり、メイド喫茶に深い関わりのあるゲストを毎回お招きし、メイド喫茶に賭けた夢をお聞きする。当事者たちの肉声をアーカイブし次世代へ残すとともに、いまだ果たされていないメイド喫茶の新たな可能性を探していく。

今回のゲストは橙幻郷・幻橙館のオーナー大和みどり。彼女は大学在学中に幻橙館(現橙幻郷)を立ち上げ、約6年半、メイド喫茶を経営してきた。現在では、メイド喫茶橙幻郷、幻橙館のほか、カフェ&マンガミュージアム幻橙館、ケーキ屋「サロン・ド・テ ラ・ベルファム」の4店を経営している。そんな彼女はいま、メイド喫茶の NPO 法人化を検討しているという。一見、消費社会のど真ん中とも言えるメイド喫茶業界において、いったいなぜそのような考えに至ったのか。大和みどりのメイド人生をたどりながら、彼女が追い求めるメイド喫茶像の根幹に迫る。

【出演者】

 聞き手 …… たかとら
メイド喫茶愛好家。2011年冬コミで全国のメイド喫茶の開店日、閉店日をリスト化したデータブック『mccomplex』を頒布、2013年夏コミで初のメイド喫茶評論誌『メイドカフェ批評』を頒布している。

 ゲスト …… 大和みどり
橙幻郷・幻橙館オーナー。2006年にCos-Chaでメイドをはじめ、Tea Room Alice(現 Chez Alices)を経て、2008年、大学在学中に幻橙館(現橙幻郷)を立ち上げる。2014年には 2号店の幻橙館を、今年3月には中野にカフェ&マンガミュージアム幻橙館を出店。オーナーとして経営を指揮するのみならず、メイドとして日々、給仕仕事もこなしている。
コンテンツツリーを見る