• 91,427
  • 77,990
コメント

全日本まくら投げ大会 in 伊東温泉 生中継

公式
(8時間39分)

ニコニコニュース提供:株式会社 ドワンゴ
「まくら投げ」を日本で初めて競技化!
 掛け布団で防御する「リベロ」や
 「先生がきたぞォ~」コールなどの特殊ルールも。

まくら投げ
「第3回全日本まくら投げ大会 in 伊東温泉」の模様を、
伊東市民体育センター(静岡県)から生中継でお届けいたします。

「全日本まくら投げ大会」は、地元の伊東高校城ヶ崎分校の生徒が考案し、
全国高等学校デザイン選手権大会(デザセン)2010で準優勝・市民賞・
高校生賞を受賞した「まくら投げのすすめ」を基に、「まくら投げ」を
競技として確立させ、枕を思い切り投げ合ってストレス発散が出来る
オリジナリティ溢れるイベントです。
 ※過去のデザセン(2012年から) のタイムシフト視聴は⇒こちら

競技ルールは、「先生がきたぞォ~」コールや布団で防御を専門とする「リベロ」等、
過去の2回大会で盛り上がったルールを残した、ユニークなルールがたくさんあります。
(ルールの詳細は、伊東市ホームページよりご覧ください)

競技部門は「一般の部」「子供の部」「大学対抗の部」の3部門に分かれており、
主に「一般の部」が行われるコートより実況リポートを交えながらお届けいたします。

【関連リンク】
静岡県伊東市 公式ホームページ
伊東温泉大学対抗イベントTRYアスロン
全日本大学まくら投げ連盟(JUMF)公式ホームページ
第3回全日本まくら投げ大会 in 伊東温泉 競技ルール(PDFファイル)
makura_rule01 makura_rule02

【ニコニコ実況席 出演者】
 実況:西達彦(フリーアナウンサー)⇒Twitter(@nishitatsuhiko)
 解説:伊東市観光課ご担当者(予定)

■この番組に関するニュースを読むニコニコニュース
スポーツとしてのまくら投げ「全日本まくら投げ大会」開催
ついに決定したまくら投げの正式ルールがガチすぎる
(2015年1月13日・ねとらぼ)
安全考慮のまくら投げ専用枕、「全日本まくら投げ大会」にも提供(2014年2月22日・ナリナリドットコム)

■ニコニコニュースFacebookページもご利用下さい。
FB
突発的な記者会見やニュース番組などの最新情報は
ニコニコニュースTwitter(@nico_nico_news)をフォロー下さい。

※生中継は諸事情により、時間の変更等の可能性があります。このため開始が遅れる場合や、
 準備の都合上、途中からの放送となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※現地のインターネット回線状況により、放送を一時中断もしくは中止する場合がございます。