nicolive-logo
  • 361
  • 167
コメント

日本におけるリークサイトの可能性 – JPleaks.org(仮)スタートアップ・シンポジウム

CH
(2時間30分)
MIAUチャンネル提供:一般社団法人インターネットユーザー協会
ジュリアン・アサンジらが開設した内部告発サイト”Wikileaks”は、2010年の一連の大型報道のきっかけとなり、「匿名リークサイト」の社会的意義を世界に問いかけた。しかし、我が国においては、その位置づけについても充分な議論が行われていない。一方、世界ではWikileaksの成功と失敗を踏まえ、匿名リークサイトは技術的にも新たなステージに入っている。好むと好まざるとに関わらず、日本社会はインターネットの発達がもたらした「調査報道とリーク」の新たな関係性に、改めて向かい合わねばならない時期に来ている。 本シンポジウムでは、日本版リークサイト”JPleaks.org(仮称)”の開設を進めている八田真行氏による技術解説を踏まえ、日本の各メディア、フリーランスの多くのジャーナリストと共に、日本のジャーナリズムに適したリークサイトの条件、匿名リーク情報の検証手法、その法的問題などを視野に入れた議論を行う。
コンテンツツリーを見る