なぜ農業改革は進まないのか~停滞70年の理由 山下一仁×池田信夫

Floor Guide

Jun/23/2014 (MON) Opens: 27:57 Starts: 28:00
This program ended on 06/23/2014 (MON) 29:00.
Views: 1444 Comments: 1209
アゴラ運営のインターネット放送「言論アリーナ」。
6月24日(火曜日)は午後8時から1時間にわたって、「なぜ農業改革は進まないのか--停滞70年の理由」を放送します。

ゲストは農業政策の改革論で著名な山下一仁キヤノングローバル戦略研究所研究主幹です。アゴラ研究所の池田信夫所長と議論をします。

安倍自民党政権は農業改革を打ち出しました。政府の規制改革会議が、農作物のところが集荷、販売を担うJA全中(全国農業共同組合中央会)の廃止を5月に求めました。ところが、その廃止が自民党との議論で撤回されました。TPPでは問題になる農作物の関税化交渉が進みません。裁量的な補助金、価格維持政策という利権の構造には手つかずです。農地の小作農への払い下げという農地解放(1947年)という大改革が行われてから、ほぼ70年にわたって日本の農業はあまり姿を変えません。小規模経営の農家に作物価格を維持するための補助金が支払われ、その分配が自民党長期政権の中で利権となりました。役に立つのか不明な農業関連団体もたくさん作られています。そして日本の農業は国際競争力を失っています。このままでいいのでしょうか。

山下氏は農水官僚出身。その中で、日本農業の国際化と競争による再生という、これまでの日本の政策とは真逆の主張をしてきました。山下氏の主張は、経済学者、農業学者の大勢が支持しているのに、なぜか政策には反映されません。池田信夫氏とは、共に経済産業研究所で研究者として活動しました。山下さんを招き、なぜ改革が進まないのかを分析します。

CHANNEL INFO

8 9 1 ch