• 314
  • 9
コメント

【7/3収録】円堂都司昭×中川大地「まちおこし進化論 東京ディズニーランド、東京スカイツリー、そして『あまちゃん 』」

CH
有料
(1時間56分)

ゲンロン完全中継チャンネル提供:合同会社ゲンロンカフェ
今年で30周年を迎えた東京ディズニーランドと開業1年あまりの東京スカイツリー。
新旧の大型レジャー施設は、地元である浦安、墨田・浅草にどのような影響を与えたのか。
 一方、ご当地グルメ、ゆるキャラ、地方アイドルなど、様々な地域活性化策が話題になるなか、東北三陸海岸でのまちおこしを扱ったドラマ『あまちゃん』も人気を集めている。
 オンステージ化する日本におけるまちおこしの進化を考える。

円堂都司昭(えんどう・としあき)
1963年千葉県生まれ。文芸・音楽評論家。著書に『『エンタメ小説進化論 “今”が読める作品案内』(講談社)、『ディズニーの隣の風景 オンステージ化する日本』(原書房)、『ソーシャル化する音楽 「聴取」から「遊び」へ』(青土社)など。

中川大地(なかがわ・だいち)
文筆家/編集者。1974年東京都墨田区向島生まれ。ゲーム、アニメ、ドラマ等のカルチャー全般をホームに、日本思想や都市論、人類学、生命科学、情報技術等を渉猟して文化と社会、現実と虚構を架橋する各種評論の執筆やコンセプチュアルムック等を制作。著書に『東京スカイツリー論』、編書に『クリティカル・ゼロ』など。現在ツイッター(https://twitter.com/d_nak)上でNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』全話リアルタイム批評を敢行中。
コンテンツツリーを見る