• 124
  • 105
コメント

【録画配信】「TPPは現代の植民地政策」 郭洋春 立教大学教授インタビュー【TS視聴のみ有料】

CH
有料
(2時間)

岩上安身のIWJチャンネル提供:株式会社 インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
2013年2月21日(木)、東京都豊島区の立教大学 池袋キャンパスで、郭洋春氏へのインタビューが行われた。米国でTPPを推進している中枢機関USTR(米通商代表部)のカトラー代表補は、「TPPでは米韓FTAと同じか、それ以上の高いレベルの自由化を求める」と公言している。TPPの「先行モデル」とされる「米韓FTA」が締結されたのは、2012年3月15日。その後、韓国の経済・貿易はどのように変化した(させられた)のか。その惨状を、TPP問題に詳しい郭洋春教授にうかがった。郭氏は、米韓FTAに含まれている「ISD条項」によって、外国企業が自国の「土地」すらも収奪できてしまう仕組みを解説し、「TPPは現代の植民地政策」と批判した。IWJ記事URL↓http://iwj.co.jp/wj/open/archives/59749
コンテンツツリーを見る