nicolive-logo
  • 489
  • 1,330
コメント

カリスマ社長 貞方邦介氏 出演決定!経営者が集まる“究極の鍋会”に潜入して色々と話を聞いてみよう!

CH
(2時間25分)
バータービレッジ提供:株式会社KAYO INFORMATION
■九州を中心にテレビキャスター、タレントとして活躍し、九州人なら誰でも知ってる山本華世をメインに、地上波放送では放送できない九州・山口ローカルの情報をお届けします! ■今回のゲストはカリスマ社長として活躍中の貞方邦介氏。今回は貞方氏が経営する「石鍋」で開催されている数多くの経営者が集まる〝究極の鍋会”に生で潜入します!貞方氏をはじめとして、参加中の経営者の方からも色々と経営について聞いてみます!是非、ご覧ください。■貞方邦介氏プロフィール福岡県久留米市出身。株式会社アルカサバ代表取締役社長。ホテル事業「Relax Resort Hotel」、エステ事業「Relax body」、飲食事業「遊庵」「福ヤ」「NINE」「石鍋」「殿」を経営。フランチャイズオーナー募集。空間プロデューサー、経営コンサルタント、「くるめふるさと大使」も務める。小学生の頃、スーパーカーブームでフェラーリに憧れたのが、社長を志したきっかけでした。20代でフェラーリを手に入れ、30歳で豪邸を建て、40歳でホテルオーナーになるのを夢見て福岡から単身上京し、國學院大学に入学します。家賃6万円のアパートに住み、大学生向けのパーティーイベントを催す学生サークルを立ち上げます。そして、コネも資金もない22歳の大学在学中に学生向けの広告代理店を設立します。ところが2年後、仲間はみんな卒業し、借りていた広尾のオフィスをたたみ、住居兼事務所の一人ぼっちの再出発。もう一度イベント業に立ち返ろうと決意し、当時まだ珍しい存在だった、ねるとんパーティーをいち早く主催し、たった一人の会社経営を続けました。26歳の時に安い費用で開店可能な3坪のたこ焼き店「ぽるぽ亭」をオープンさせ、自らたこ焼きを焼き、月商170万円を売上げます。その資金を基にオープンカフェの先駆けとなる「ムーンチャイルド」をオープンします。夜お茶ブームをつくり、3ヵ月後には25坪のスペースで、月商1500万円を売上げる繁盛店に成長させます。現在は、ホテル、ヘリコプター、プライベートジェットと欲しいものを全て手に入れたカリスマ社長として、テレビ・雑誌等のマスコミに多数出演。夢を叶えるための講演活動、究極のホスピタリティーを実現するためのコンサルティング、若手の育成のために全国を駆け回っています。(ブログより引用)
コンテンツツリーを見る