nicolive-logo
  • 32,932
  • 20,774
コメント

「どうなる!?首都・東京」猪瀬直樹(東京都副知事)×東浩紀

公式
(2時間10分)
猪瀬直樹TV提供:office inose
    石原都政は幕を閉じた……。
    これから「東京」はどこへ行く!?
    日本は一体どこへ向かうんだ!?

    東京都の石原慎太郎知事(80)の辞職願提出を受けた都議会は10月31日、臨時会を開き、知事の辞職に全会一致で同意。
    石原氏は同日付で辞職。歴代2位となる在職日数4941日で石原都政は幕を閉じました。

    テレビを中心としたマスメディアは、
    「相乗り」「独自候補の擁立」などの東京都知事選の政局を大きく取り上げています。
    しかし、その中で「東京の未来」に焦点が当てられる時間は多くありません。

    いま、「東京」を考えることは「日本」を占うことかもしれない。
    東京は一体どこへ向かうのか? 東京が作り上げたもの、足りないものは何か?


    知事職務代理者となった筆頭副知事の<fontcolor="#0080ff" size="4">猪瀬直樹氏が、番組に登場。
    株式会社ゲンロン代表で哲学者の<fontcolor="#0080ff" size="4">東浩紀氏と共に、
    「首都・東京の未来」について考えます。

    【出演】
    猪瀬直樹(いのせ・なおき)
    作家。1946年、長野県生まれ。87年『ミカドの肖像』で第18回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。『日本国の研究』で96年度文藝春秋読者賞受賞。以降、特殊法人等の廃止・民営化に取り組み、2002年6月末、小泉首相より道路公団民営化委員に任命される。その戦いは『道路の権力』『道路の決着』(ともに文春文庫)に所収。06年10月、東京工業大学特任教授、07年6月、東京都副知事に任命される。近著に『昭和16年夏の敗戦』(中公文庫)、『言葉の力』(中公新書ラクレ)、『決断する力』(PHPビジネス新書)などがある。

    東浩紀(あずま・ひろき)
    1971年生まれ。作家・批評家。早稲田大学文学学術院教授。東京工業大学世界文明センター特任教授。批評の主著は『存在論的、郵便的』(新潮社、1998年、サントリー学芸賞)、『動物化するポストモダン』(講談社現代新書、2001年)、『一般意志2.0』(講談社、2011年)の3冊。小説の主著は『クォンタム・ファミリーズ』(新潮社、2009年、三島由紀夫賞)。『思想地図β』編集長。


    【ハッシュタグ】
    ニコ論壇公式ハッシュタグ「#nicoron」を使用ください。

    【Twitter】
    ニコ論壇公式アカウント
    @nicorondan


    収録場所::ドワンゴクリエイティブスクール</fontcolor="#0080ff"></fontcolor="#0080ff">