高覧 を含む生放送は見つかりませんでした

ユーザー検索結果

  • フォロワー1,133
    番組数0

    しまおか健康ランド「田舎の高校であった怖い話」は現在頒布休止中です。 しまおか健康ランド所属、ひまるや13号機が運営しております。 「田舎の高校であった怖い話」に関連する投稿を行います。 サークル活動やパッチ配布などの情報は下記のTwitterアカウントをご覧下さい。 Twitterアカウント:https://twitter.com/shimaoka_kenkou

  • フォロワー476
    番組数0

    【ニコ生ゲームにおける今永軍団とは・・・】団長の今永昇太を筆頭に、今永昇大、今氷昇太、今泳昇太、今永降太、今永昇丈、今永昇犬、今永星太、みかん氷昇太、今永暑太、ラ永昇太、含永昇太、今永昇天、今永昇格、今永昇給、今永昇進、吟永昇太、今永升太、今永昇降機、今永昇降口、今永ShowTime、太昇永今、今永昇龍拳、過去永昇太、昔永昇太、未来永昇太、今永のズボン、今永のパンツ、今永がズボン、今永のNINTENDO64、琴泉昇太、池永昇大、令永昇太、新古今永昇太、暇永昇太、今永雄洋、今茶谷昇太、今茶谷ヒカプー、今永幸太、日本車のような今永、今永少佐、いまにゃにゃ、いまながすくじら、昔瞬降細(むかしまばたき・こうさい)、今なカーショウ太、春風亭昇太、今永亭昇太ら、世に蔓延る今永昇太のような何らかの輩どもから成る謎の結社。人呼んで今永軍団。~僕の勝ちというか、僕の役割はいい投球でなく、何があってもチームを勝たせる。それはチームからそこは託されている。そこを意気に感じて、どんな形でも絶対に勝つというのをやれているのがいいかなと思います。〔2022年8月16日、巨人14回戦(横浜)で8安打を喫しつつも要所で粘りを発揮して7回を1失点にまとめ、シーズン7勝目をマーク。球団新記録の本拠地12連勝を飾り、自身も3週連続で相手球団のエース級に投げ勝った試合後の報道陣向けインタビューで、自身の3連勝について問われ・・・〕~【名誉団長・今永昇太とは・・・】「終身名誉団長」「永遠寮長」「大先生」「何者でもない一投手」こと本物の今永昇太は、言わずと知れた横浜DeNAベイスターズのエースサウスポー。野球日本代表「侍ジャパン」のメンバーには、プロ2年目を皮切りに国際試合・強化試合を合わせて5度選出。2019年のプレミア12では第一先発陣の一角として世界一に貢献。2023年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)ではいわゆるピギーバック(第二先発)を中心に中継ぎとして貢献。決勝の対アメリカ戦ではショートスターターとして先発で2回を投げ、ソロ本塁打で1点先制を許すも、走者を置いてからは持ち味を出して粘り切り、14年ぶりの王座奪還に貢献した。福岡県北九州市八幡西区出身で、同市のスポーツ大使も務めている(2018年2月14日発表、同月19日委嘱式。プロ野球関係では歴代3人目だが過去2人はいずれも引退後で、現役選手としては初の就任)。【通算成績】※2022年公式戦終了時点出場:143試合投手:57勝46敗4H(5HP)0S、854 2/3投球回、11完投 7完封、防御率3.24、847奪三振打撃:.172(280打席/238打数41安打)、0本塁打、10打点【名誉団長の人となりとは・・・】「投げる哲学者」とも揶揄され、「皆さん知っての通り、僕って変な性格しているじゃないですか」と自虐するほど生真面目で、実直で、謙虚で、細やかな気遣いができる心優しい男・・・というイメージが先行しがちだが、そんな貴殿は本当の今永昇太を知らない。いや、知らな過ぎる。というか場合によってはむしろ、知らない方が幸福かもしれない。やんちゃないたずらっ子だった名誉団長の少年時代を知る地元・八幡の幼馴染たちは、ルーキーイヤーの開幕1か月間、プロ初勝利を逃すたびに次々と刻まれる「今永語録」や、その言葉の端々から与えられた「哲学者」という称号に当惑しまくったんだとか。真面目キャラに関しては名誉団長本人も「イメージが独り歩きしている感じで、僕の本意ではない」と吐露している。普段の素顔は超天然で、とことんイジられまくるムードメーカーである。練習中、筒香嘉智からズボンを必要以上にあげられたり、ヒーローインタビューで「優勝するのは?」と問われ「ベイスターズ・・・・・だよ~」と軽めに甘噛みしてしまい筒香に頭をポコンとひっぱたかれたり、上茶谷大河にはしなりを利かせた独特の投球フォームをデフォルメしたものまねネタ「誇張し過ぎた今永昇太」を披露されたり、後輩ほぼほぼ全員に「昇太」と呼び捨てされたり、買い物を済ませて帰宅した後は買った物のパッケージをすぐに開封し、使う時のことを考えてきちっと並べておかないと気が済まなかったり、謎めいたグループLINEをいくつか持っており、中でも自身がリーダーを務めるチームメイトなど5名ほどから成るグループ『ヴォル会』では日本語として成立しているか疑わしいレベルのシュールな会話が繰り広げられたり、同じく自身がリーダーで、オリックス・山本由伸、宮城大弥の3人から成るグループでは、宮城がリアルの「今永軍団」の自主トレに参加したい意向を示したとの記事が報じられたのを受け、『こういう変なジョークを言うものではない』『君は勘違いしているよ』『自主トレをお願いするのは僕の方だよ。僕が頭を下げます』と、何故か平身低頭な姿勢を取りつつ釘を刺したり・・・といった小ネタ的なエピソードには枚挙に暇なし。2017年の日本シリーズで3連敗して迎えた第4戦、試合前の声出しで「俺らがいるのは崖っぷちだけど崖っぷちじゃないんだ!鳥になれば飛べる。今日は鳥になるぞ!!」とチームを鼓舞する熱い一面もあるかと思えば、2021年6月にトミー・ジョン手術を受けた平良拳太郎には、術後1年間のモチベーションを保ってもらおうと、ユーモアと叱咤激励を交えた手製の直筆日めくりカレンダーを贈るという面倒見の良い一面もあったり、後述のノーヒッター達成からほどなくして父親を亡くし、心身ともに安定できない中で2週続けて試合を作れず連敗を喫すと、ついつい自虐を交えて愚痴をこぼし、同級生の桑原将志に「自分で自分の事だけはバカにすんなよ」と叱責されてしまうナイーブな一面もあったり、2022年秋の侍ジャパンの強化試合では後輩・牧秀悟とともに宿舎で若手7人ほどを集めて「人狼ゲーム」に興じながら親睦を深めて結束を図ったり・・・などなど、人間味が溢れ返りまくっている男である。【リアル今永軍団】先に触れた、名誉会長がリーダーを務め、春季キャンプ前の合同自主トレを実施しているリアルの「今永軍団」は2019年シーズン後に結成。翌2020年1月上旬、広島・高橋樹也(2022年退団)、ヤクルト・寺島成輝(2022年引退)、ロッテ・中村稔弥(2022年まで参加)の3人のサウスポーを従え、自宅から近い駒大のグラウンドを借りるなどして体力強化を行った。2022年からは拠点を高知市と熊本県天草市に移し、右腕の中日・岡野祐一郎が加わって4名で、更に2023年には離脱した前掲の3名に代わり巨人・井上温大が加わって3名で、前年に続いて高知を拠点に体力強化に取り組んでいる。【故障に泣かされつつも・・・】駒大の2年春季からは毎週リーグ戦の第1戦を任されるなど頭角を現し、3年時はエースとして君臨、プロ各球団からも高評価を得ていた。だがドラフトを控えて4年生として迎えた2015年初めに左肩痛を発症し、春季は登板がなく、「侍ジャパン」の大学日本代表としてユニバーシアード光州大会のメンバーに選出されたものの辞退を余儀なくされた。さらには秋季も未勝利でチームも一部6位に沈み、入れ替え戦で完封勝利を挙げたのが年間唯一の白星に。「元々ルーズショルダー気味」というこの左肩の故障が元で、同年秋の1位指名を検討していた多くの球団が指名回避や下位指名に切り替える中で、ベイスターズが単独1位指名、いわゆる「一本釣り」に成功する。ルーキーイヤーから好成績を挙げ続けて迎えたプロ3年目の2018年のオープン戦期間、3月10日のイースタン教育リーグ・対ヤクルト戦(横須賀)に調整で先発し4回無失点に抑えたものの、程なくして古傷の左肩の違和感を訴えて1か月間戦線を離脱。痛みは和らいだものの肩を気にする余りに投球フォームのバランスが崩壊し、不安定な投球内容が続いて一軍昇格と抹消を繰り返し、ローテーションに復帰できず中継ぎも経験。4勝11敗4H、防御率6.80と伸び悩み、オフには故障で崩れたフォームの修正に取り組み、さらに球団が業務提携しているオーストラリア・ABLのキャンベラ・キャバルリーの一員として武者修行を敢行。6試合に先発し4勝0敗、35回を投げ57奪三振、防御率0.51と好成績を挙げ、復活への布石を築いた。2019年には初の開幕投手を任されて白星を挙げ、開幕1か月間は防御率1点以下をキープ。シーズン合計で3完封を記録するなど自身2度目の2桁勝利を挙げ、13勝7敗、防御率2.91、ルーキーイヤーのチームメイトだった山口俊(巨人)に僅か2個差となるリーグ2位の186奪三振をマークし、復肩を大いにアピールした。・3・~♪だが2020年、後述の8月15日の対ヤクルト戦を最後に、またも古傷の左肩の違和感を訴えて戦線離脱。悩んだ末、肩に内視鏡を入れることを決意し、10月5日にクリーニング手術を受けた。幸い腱板や関節唇など、関節周りの骨や筋肉には大きな異常は見られず、関節の外側にできた骨棘を除去する施術などが行われた。「(故障時でも球速)148kmくらいは投げられる状態だったが、保存療法を選択して、焦って調整して何かあったら、選手生命を脅かすような部位を傷つけていたかもしれない」「僕の性格上、肩を気にし過ぎた結果、肘や足首など別の箇所の故障につながる可能性もある。オペをすることで身体がすっきりし、心も整理できる」と決断を振り返っている。そしてリハビリを経て2021年5月23日のヤクルト戦(神宮)で遂に一軍復帰。4回1/3を6失点で敗戦投手と復帰は飾れなかったものの、6月13日の日本ハム戦(札幌ド)でシーズン初勝利をマークして復活の狼煙を上げ、9月19日の中日戦(横浜)で待望の2年ぶりの完投勝利。イニング毎に空を指差すルーティンは、図らずも天に召された盟友へのさりげないメッセージなのか、それとも・・・。他方、名誉団長がクリーニング手術に早期に踏み切ったことが奏功し、離脱前と変わらぬパフォーマンスを維持できたことがきっかけとなったのか、チームメイトや他球団の選手の間でも肩・肘のクリーニングがちょっとしたブームに。これで重症化や長期離脱が、球界全体を通じて少しでも減ってくれればいいのだが・・・しかし2022年、試練がまたも名誉団長を襲う。春季キャンプ中の2月17日、左前腕部の炎症を発症してリハビリ入り。当初は軽症と思われたが、のちに肉離れと判明。一軍初登板は5月6日の広島戦(マツダ)にずれ込んだ。立ち上がりでバタついたものの、中盤に持ち味を取り戻して粘投、6回3失点と試合を作って延長戦勝利に繋げた。そして5月17日の中日戦(バンテリンドーム)で自身6度目、3年ぶりの完封でシーズン初白星。13奪三振の快投で投壊に喘ぐチームを救った。大学時代から浮き沈みが激しく、故障にも悩まされ、思慮深くなりがちなキャリアを送っているが、それもまた「投げる哲学者」と呼ばれてしまう所以か。因みに、プロ入り後も主にバッテリーを組んでいる戸柱恭孝は、駒大1年時の4年生。下級生特有の日々の練習と雑用とでハードワークが続いて体重を落としてしまった時、「痩せてるんだから好きなだけ買え」とコンビニに連れ出して食べ物をおごってくれた優しい先輩である。また2022年シーズンに多くバッテリーを組んだ嶺井博希も同じ、東都リーグの亜大出身。枯れた声の優しい先輩である。その嶺井は同年オフに国内FA権を行使してソフトバンクへ移籍。名コンビ解消が惜しまれるが、福岡でもきっとその激しく枯れた声で、チームとファンを笑いに包んでくれるはずだ。無精髭を生やすとカールおじさんみたいになるので、チャンスがあればぜひご高覧のほど。【苦楽を味わい続けるスワローズ戦】一方、ヤクルトには過去2年間に亘って苦しめられていた。2019年は序盤戦のみの対戦で3戦3勝、21イニングでわずか2失点、2020年当初も2戦2勝と勝ち星を先行させ続けていたものの、離脱のきっかけとなった同年8月15日のハマスタでは4回途中6失点(自責3)でKO(打線も小川に無安打無得点を喫するなど惨敗)。そして復帰戦、2021年5月23日の神宮では5回途中6失点でKO、さらにはシーズン最終登板となった10月26日のハマスタ最終戦でも流れを掴めず3回5失点でリーグ優勝を決められ胴上げを許すなど、結局2021年の対ヤクルトは計4戦先発して全敗、対戦防御率も6.30と全く振るわなかった。このうち2試合はゲームを何とか作りながらも援護に恵まれなかったケースだったものの、序盤で攻略されKOを喫した前掲の復帰戦と最終登板では球種や配球のみならず、失投のタイミングまでも完全に読まれている感すらあったほど。2022年のシーズン初対戦となった7月1日の神宮で7回途中まで8安打4失点と粘投して勝利するまで、結局足掛け2シーズンでカード5連敗という長いトンネルを味わった。9月25日の神宮では逆転優勝へ一縷の望みを賭け、優勝へM2としたヤクルトと相対し、一球一球に魂を込めた渾身の投球で7回を3安打11奪三振無失点にまとめたものの、援護がなく勝敗付かず。そして両軍無得点で迎えた9回、エドウィン・エスコバーがサヨナラ打を喫して力尽き、2年連続で眼前の胴上げを許した。同年はチームが本拠地17連勝を記録するなど夏場に強さを発揮し、名誉団長自身も8月に先発5戦全勝を挙げて月間MVPを獲得するなどの活躍もあり、2位を確保。前年最下位から這い上がり、追う立場として見つめた光景は如何なるものだったか。【真顔で達成したノーヒットノーラン】2022年6月7日、対北海道日本ハム1回戦(札幌ド)で9回117球を投げて無安打、1四球という圧巻の投球で史上85人目、96度目、同年シーズンで両リーグ3人目、そして球団では1970年6月9日、対ヤクルトアトムズ5回戦(川崎)で鬼頭洋が達成して以来、実に52年ぶりとなるノーヒットノーランを達成した。そして球界全体で見ると、同年が日本ハムの本拠地ラストイヤーだった札幌ドームはもとより、過去に北海道内で開催されたNPB公式戦においても史上初の快挙。無安打無得点試合のこれまでの最北達成地は1950年、藤本英雄(巨人)がNPB史上初の完全試合を達成した青森市営球場だったが、遂に大記録が津軽海峡を越えた北の地で達成された。因みにセ・リーグの投手で前回ノーヒッターを達成したのは前掲の小川。その試合で投げ合いKOを喫し、戦線離脱の端緒となった事を思えば、あれから2年弱を経て溜飲が下がる思いではなかろうか。そのノーヒッターに際し、ちょっとした珍事も。達成の瞬間、最後の打者・野村祐希が放ったのは右翼ライン際、ウォーニングゾーン近くまで伸びた右飛。打球が上がってから滞空し捕球されるまでの短い間、名誉会長は打球を見つめつつ色々考え過ぎた挙げ句、どういう表情をすればいいのか分からなくなり、出しどころがないままに真顔でゲームセットを迎えてしまい、「ビジターなのであまり喜び過ぎないように」と気遣ったのもあいまって、マウンドへ駆け寄るチームメイトの祝福の輪に入ってハイタッチを交わし、大記録達成を寿ぐ花束を受け取り、その花束を携えたままマウンドの土を足で均し、そしてヒーローインタビューを終えてロッカーへ引き揚げる直前まで結局引き際を完全に見失ったまま、ずーっと真顔を押し通してしまうという「表情イップス」を味わってしまった。その全く変わらぬ表情に、インタビュー後に三上朋也(2023年巨人へ移籍)、山﨑康晃、濵口遥大をはじめ投手陣やスタッフが「アレはふざけてるよ、全部」「ヤバいよ」「(ウケ狙いと勘違いされたら)怒りますよ?アレ」とダグアウトで爆笑しつつも心配しながら出迎える中でも、名誉団長は「相手のホームだから」とその場ではひたすら強調したものの、かつてのチームメイトで現ジュニアコーチ兼医学生の寺田光輝に語った後日談によれば「(真顔は)半分本当で、半分冗談です」。その真顔がバックヤードでは一転。名誉会長の1年後輩の広報兼チームサポーター・狩野行寿に「これでまた(5月の中日戦で完封した際のヒーローインタビュー後のように)ロッカーで無視されたらしんどいですねぇ」とさらっと前振りされ、「さすがにそれはないでしょ」などと一笑に付しつつ「来たよー」とロッカーへ引き揚げると案の定(否、期待通り)、待ち構えたチームメイトやスタッフ全員が目線を逸らすように半笑いで出迎え、ひたすら自分以外の殊勲者を讃えるたらい回しに名誉団長がひたすら半ギレ状態でツッコミ続けるというサイレントトリートメントが繰り広げられた(ここまでの一連の流れは球団公式YouTubeに動画あり。ゲームセット後の真顔やヒーローインタビューについてはパ・リーグTVもご参照あれ)。更には翌日の試合前練習の間に行われた投手陣の記念撮影では、かつて話題をさらった「今永のズボンを必要以上にあげる筒香」をはじめ、私服姿で上目遣いの謎のスナップ写真などなど、名誉団長が過去に遺してきた数々のネタ写真が選手・スタッフの手で掲げられ(球団公式Twitterより)、笑いもきっちり提供してくれた。そして奇しくもこのノーヒッター達成日は、前述した平良の術後1年の記念日。日めくりカレンダーにしたためられた今永の格言は、『平良は一日にして成らず』。やっぱり、エースは君だ。・・・これでいいのかな?いいのかな?いいのかな?いいのかな、これで?・・・正解ないぞー?正解ないぞー?~斯く言う筆者も、2020年7月某日より別名「今短昇太(いまみじかしょうた)」として、ひっそりと軍団入りを果たし、9月15日には「ことながしょうた」にひっそりと改名し、現在に至る。

    キーワード 高覧 を含む番組はありません