【生放送】大森望×松下隆志「社会主義のディストピア、資本主義のユートピアーー『われら』光文社古典新訳...

Floor Guide

Nov/06/2019 (WED) Starts: 26:00
This program ended on 11/06/2019 (WED) 29:16.
Views: 544 Comments: 11
↓ 番組チケットのご購入はこちらのリンクから!
https://ch.nicovideo.jp/genron-cafe/live/lv322545874
※ 生放送は都度課金1000円でご購入いただけます。

☆ ニコニコ生放送のタイムシフト対応!
※ 放送終了から1週間後の23時59分までの間、番組をくり返しご覧いただけます。
※ 番組チケットのご購入は、放送終了から1週間後の18時までです。




【イベント概要】

20世紀ロシアの異端の作家・ザミャーチン。
その代表作『われら』で描かれるのは、科学的な合理主義を極端に突き詰めた結果現れる、全体主義のディストピアだ。
「SFの父」H・G・ウェルズに大きな影響を受けたザミャーチンは、いまからおよそ100年前に、きわめて予兆的な作品を書き上げていた。

『われら』や『一九八四年』と並ぶディストピアものの傑作とされるのが、オルダス・ハクスリーの『すばらしい新世界』。
1932年に発表されたこの作品では、共生・個性・安定をスローガンとする世界国家がすべての欲求を管理し、合法ドラッグによる幸福状態を供給している。ヘンリー・フォードが神と崇められる、資本主義のユートピア。

ハクスリーは『われら』からの影響を否定しているが、両者は多くの共通点を持つ。 ソ連流・英米流のそれぞれのユートピア/ディストピアは、どのような関係にあるのか。その今日的な意義とはどのようなものか。

『われら』の新訳を手掛けた気鋭のロシア文学者・松下隆志と、2017年に『すばらしい新世界』の新訳を発表した翻訳家・大森望が、ディストピアSFの系譜を辿りながら、その現代性や文学史的意義、ロシア、スラブ文化圏におけるSFの現在に至るまで、縦横無尽に語りあう。


社会主義のディストピア、資本主義のユートピア – ゲンロンカフェ
https://genron-cafe.jp/event/20191107/

CHANNEL INFO

2 5 8 0 1 9 3 ch