ニコニコ生放送

この番組は 2011/06/26(日) 17:47 に終了いたしました。

うっかり見逃しても大丈夫!プレミアム会員に登録すれば、予約していない番組でも視聴可能です。
プレミアム会員に登録して番組を視聴する

震災後の正義の話をしよう ~ポスト3.11の公共哲学~

【会場のご案内】

2011/06/26(日) 開場:12:50 開演:13:00
この番組は2011/06/26(日) 17:47に終了いたしました。
来場者数:53543人 コメント数:32411
日本再生に向けて求められる正義とは?

東日本大震災と福島第一原発事故という
未曽有の災害に襲われ、大きく変化した日本社会。

自然環境、科学技術や専門知と今後どう向き合っていくのか、
これからの日本には一体どのような公共的理念や公共政策が必要なのか?

4名のパネリストによる講演の後には
参加者との対談セッションも行われます。

「個人一人一人の命を大切にしつつ、人々が支えあい、公共益や
公正さ(正義)が担保されるような日本社会はいかにして可能か」
というテーマをめぐって繰り広げられる白熱教室をお届けします!

講演やトークセッションの質疑応答では、
運営がニコニコユーザーからの質問を紹介いたします。
ユーザーのみなさんも、白熱教室にご参加下さい。
ご質問はメールフォームからどうぞ!


【プログラム概要】
13:00 開会の挨拶
13:05 「ポスト3.11の公共哲学のために」山脇直司
13:25 「ポスト3.11の課題と新しい環境倫理──環境正義を軸として」鬼頭秀一
14:05 「3.11東電原発事故が専門知に突きつけるもの―信頼の危機にどう応えるか」
     平川秀幸
14:45 休憩
15:00 「大震災・核問題と正義――広島・長崎、そして福島からの誓い」小林正弥
15:40 「対談および参加者との質疑応答:『震災後の正義と公共の話をしよう』」
     コーディネーター:山脇直司
16:55 閉会の挨拶
17:00 終了

【出演者】※敬称略
パネリスト: 山脇直司(東京大学大学院教授)
       鬼頭秀一(東京大学教授)
       平川秀幸(大阪大学CSCD准教授)
       小林正弥(千葉大学法経学部教授)
司会: 木戸寛孝(公共哲学シンポジウム事務局長)

シンポジウム公式サイト: http://www.pp-s.org


【Twitterをご利用の方】
ハッシュタグは、#koukyou311 をご利用ください。