ニコニコ生放送

この番組は 2010/12/26(日) 17:07 に終了いたしました。

小池一夫のニコニコキャラクター塾!

【会場のご案内】

2010/12/26(日) 開場:14:50 開演:15:00
この番組は2010/12/26(日) 17:07に終了いたしました。
来場者数:32246人 コメント数:13653
漫画原作の巨匠・小池一夫がニコニコ生放送に登場!

様々な漫画家、クリエイターをゲストに迎えながら、
持論である“キャラクター原論”をCGM時代に対応した
キャラクター新論”というかたちに発展させ、
視聴者の皆さんと一緒に考えていきます。

第1回のゲストは、『シグルイ』(南條範夫・原作/秋田書店)
覚悟のススメ』(秋田書店)を描かれた、漫画家の山口貴由さん。

聞き手は、漫画評論家の大西祥平さんです。

数々の才能を世に送り出した“劇画村塾”をはじめ、
キャラクター創作の極意や、表現方法などの技術論、そして、
東京都青少年健全育成条例改正”後のマンガの行く末についてうかがいます。

また「ニコニコ動画」と連動した、新人クリエイター発掘を
模索中ですので、こちらも番組内で発表があるかも!?

作り手、読み手ともに、見ればマンガが
100倍おもしろくなる生放送! お楽しみに!


≪プロフィール≫
小池 一夫(こいけ かずお)
作家。漫画原作者。
大学卒業後、時代小説家・山手樹一郎氏に師事。
70年『子連れ狼』(画/小島剛夕)の執筆以来、小説、漫画原作、
映画・TV・舞台等の脚本など幅広い創作活動を行う。
代表作に『首斬り朝』『修羅雪姫』『御用牙』『クライング・フリーマン』など多数。
また、77年より漫画作家育成のため「小池一夫劇画村塾」を開塾。
独自の創作理論「キャラクター原論」を教え、漫画『うる星やつら』の高橋留美子、
『北斗の拳』の原哲夫、『バキ』の板垣恵介、『ドラゴンクエスト』の堀井雄二など、
多くのクリエイターをデビューさせ、現在も後進の指導にあたっている。


山口 貴由(やまぐち たかゆき)
小池一夫主催の劇画村塾に2年間在籍(第5期生)。
COMIC劇画村塾(スタジオシップ)において『NOTOUCH』でデビュー後、
89年にジャックポット誌(リイド社)で『サイバー桃太郎』連載。
94年に週刊少年チャンピオン(秋田書店)で『覚悟のススメ』連載。
03年より月刊チャンピオンRED(秋田書店)で『シグルイ』を連載開始。
2010年9月号で完結後、同12月号より新連載『エクゾスカル零』をスタート。
独特の台詞回し、読者を圧倒する画風に定評がある。

登録タグ