ニコニコ生放送

【2014/5/17収録】奥泉光×市川真人「『批評空間』以降に文学は?──ジャンルを超えること、文学であること」...

【会場のご案内】

2018/06/22(金) 開演:13:00
この番組は2018/06/22(金) 15:21に終了いたしました。
来場者数:269人 コメント数:1
※当日開催のイベントではありません。録画を放送します。

1991年から2002年にかけて刊行された雑誌「批評空間」。思想シーンを牽引した同誌は、同時にもっとも先鋭的な文学誌でもあった(東浩紀が「ソルジェニーツィン試論」でデビューしたのもその雑誌である)。

現代日本において「小説」は生産され続け、毎日毎週のように単行本が、毎月何冊もの文芸雑誌が生産されつづけている。一方、大学生の毎月の読書時間アンケートには4割がゼロと回答し、大学生協の文芸書の販売数は十数年前と比べて半減している。
ふたつの相反して見える事象の狭間で、かつて柄谷行人と連帯した、あるいはその影響下にあったり、その手で選び出された小説家たちは、いま、なにをどのように考えているのだろうか。

それは「近代文学の終り」のあとに/以前から以後まで、「文学」はいかにありうるか、という問いにほかならない。「批評空間」時代や近畿大学などを通じ「近代文学の終り」を直近で目撃してきた奥泉光を皮切りに、現代日本文学の理論派や国際派を招いて彼らの「文学の現在」を問う連続講座。


『批評空間』以降に文学は? - ゲンロンカフェ
http://genron-cafe.jp/event/20140517/

CHANNEL INFO

2 5 8 0 1 9 3 ch