ニコニコ生放送

N予備校 こたつでプログラミング ~ Node.js で twitter ボットを作ろう ~

冬ですね。こたつですね。プログラミングですね。
というわけで!年末のお休み時間を利用して Twitter ボットの作成を、みなさんと一緒にチャレンジしてみたいと思います!

プログラミングが初めての人でも Twitter ボットが作れるようになります・Twitter API を利用できるようになります!
(ただし、初めての人は下記の ”初めて授業を受ける方へ” を参照して事前準備を済ませおいてくださいね♡)

最後には、削除されたツイートを検知する「ツイ消し検知」を実装していきます。

<授業に参加してTwitterボットを作るには「N予備校」が必要です>
N予備校では、PC・スマホでの閲覧に特化した教材をご覧いただけます。
授業でのTwitterボット作成に必要な開発環境、「Google Chrome」「VS Code」「Node.js」のインストール方法は以下の教材に記載しています。
https://www.nnn.ed.nico/contents/lessons/482527240/references/1832

また、以下の教材を見れば授業の前にTwitterボットを作成することもできます。
https://www.nnn.ed.nico/contents/guides/2081
※閲覧にはブラウザ上でN予備校へのログインが必要です。

N予備校は、ニコニコのIDでログイン可能です。
PCからの視聴は こちら
スマホ用アプリのダウンロードはこちらから。

iPhone用  
Android用 Google Play で手に入れよう

アプリを起動し、メニューから「授業」→「すべてのコース」からご覧ください。


授業について
Node.js と プログラミング言語 JavaScript を使って、今流行りの Twitter の ボットを作ってみましょう。

1.ボット用の Twitter アカウントを作成しよう
2.Twitter API からタイムラインを取得しよう
3.フォローしているユーザーの発言に反応してみよう
4.自分宛のツイートをリアルタイムで検知して返信してみよう
5.最後に、「ツイ消し検知」を実装してみましょう


講師紹介

折原ダビデ竜
東京理科大学大学院情報科学専攻修了。
日本とイタリアのハーフ。
株式会社ドワンゴで約2年間ニコニコ生放送の開発を行う。
2016年より、N予備校プログラミング講師として高校生にプログラミングを教える。
休日は、趣味のWebページ作りやゲームなどに励む日々。


初めて授業を受ける方へ
この講義を受講するためには PC が必要です。
みなさんも PC を用意して、一緒にプログラミングをしましょう。


N予備校のご紹介

N予備校では、
・実力派予備校講師による大学受験対策授業
・ドワンゴエンジニアが教えるプログラミング授業

を双方向性システムを取り入れた生放送とオリジナルのテキスト教材で学ぶことができます。

N予備校の詳しいシステムについては こちら
N予備校公式twitter ⇒ @n_yobikou


N予備校の学費は、月額1,000円です。
入学すると『大学受験対策・中学復習講座・プログラミング』すべてのコースと機能をご利用いただけます。
学費に関する詳細は こちら

スマホ用アプリのダウンロードはこちらから。
iPhone用  
Android用 Google Play で手に入れよう

アプリを起動し、メニューから「授業」→「すべてのコース」からご覧ください。

CHANNEL INFO

2 6 3 2 7 4 7 ch