ニコニコ生放送

この番組は 2015/06/09(火) 21:13 に終了いたしました。

高画質対応 LAMP IN TERRENメンバー生出演 映画「夫婦フーフー日記」SPECIAL TALK

【会場のご案内】

2015/06/09(火) 開場:19:20 開演:19:30
この番組は2015/06/09(火) 21:13に終了いたしました。
来場者数:15185人 コメント数:1548
実話から生まれた泣けるコメディとして大ヒット公開中の映画
『夫婦フーフー日記』の原作者・川崎フーフのダンナこと清水浩司氏、
映画主題歌を担当した話題の新星LAMP IN TERREN、
そして、両者をよく知る「音楽と人」編集長・金光裕史が、
6月9日“ロックの日”に集結!
音楽を愛する3者が、映画のこと、川崎フーフが愛した音楽のことを
熱く語り合う1時間。

LAMPアー写
-------------------------------------------------------------------------
番組の最後にプレミアム会員だけが視聴できる「おまけコーナー」があります。
おまけコーナーのご視聴は、番組エンディングまでに、
プレミアム会員にご登録頂いた方が対象です。
また、プレミアム会員は回線混雑時の優先視聴
番組を高画質でお楽しみ頂けるようになれます。
プレミアム会員への登録はこちら

※プレミアム会員限定視聴パートはPC、iPad、iPhone、Android(niconicoアプリ)でお楽しみいただけます。
※低画質モードでは視聴できませんので高画質でご覧ください。

-------------------------------------------------------------------------
インフォメーション
■映画情報
映画「夫婦フーフー日記」(大ヒット上映中!)
映画
原作は、2010年に38歳という若さでこの世を去ったヨメと、彼女を支え続けたダンナの実在の闘病ブログから生まれた「がんフーフー日記」(小学館刊)。作家志望の「ダンナ」が、長年友人だった「ヨメ」と出会って17年目にして結婚、1ヶ月後に妊娠発覚。その5ヶ月後にはヨメに悪性腫瘍が発覚し、怒涛の育児と闘病生活を送っていく。夫婦が駆け抜けた493日の記録は、闘病ブログとして人気を博し、2011年に書籍化されました。さらには、2012年3月にNHK BSプレミアムにて、ドキュメンタリードラマ『ヨメとダンナの493日~おもろい夫婦の「がんフーフー日記」~』として放映。夫婦の実話に日本中があたたかい涙に包まれました。
そんな、多方面で話題となった原作を映画化するにあたって、<死んだはずのヨメと残されたダンナが、一緒に生きた日々を振り返る>という設定が加えられ、ブログには書かれなかった夫婦の想い、そして家族の愛を浮き立たせ、笑いながら涙が溢れる、かつて無いストーリーが誕生しました。 本作で主演を務めるのは佐々木蔵之介。ヨメを亡くし、残された赤ん坊を抱えて育児と仕事に奔走する役どころ。同じく主演を務める永作博美は、亡くなった後も、ダンナの前に幻影として現れるヨメを演じます。夫婦を支える友人・家族役には、杉本哲太、佐藤仁美、高橋周平、という演技派俳優陣らが脇を固め、個性あふれるキャラクターを創り上げました。 主題歌は、2015年1月にデビューを飾った新星LAMP IN TERREN(ランプ イン テレン)が担当し、本作を力強く彩ります。

■リリース情報
LAMP IN TERREN アルバム「LIFE PROBE」
2015年7月1日(水)リリース!
ジャケ写
:収録曲:
M1.「メイ」
M2.「林檎の理」
M3.「Grieveman」
M4.「reverie」
M5.「ボイド」
  映画「夫婦フーフー日記」主題歌/テレビ東京系「JAPAN COUNTDOWN」6月オープニングテーマ
M6.「王様のひとり芝居」
M7.「into the dark」
M8.「イツカの日記」
M9.「multiverse」
M10.「ワンダーランド」

品番:AZCS-1047
価格:\2,500(tax out)
仕様:初回限定仕様クリアケース付きジャケット

:チェーン特典:
TOWER RECORDS:「LIFE PROBE」オリジナル缶バッヂ
TSUTAYA:「LIFE PROBE」オリジナル缶バッヂ

関連リンク
LAMP IN TERREN オフィシャルサイト
映画『夫婦フーフー日記』公式サイト

初めてニコニコ生放送をご利用になる方へ


ニコニコ生放送のご視聴には会員登録(無料)が必要になります。
初めての方は「アカウント新規登録」をクリックし、
会員登録の手続きをお願い致します。

プレミアム会員になると
回線混雑時に優先視聴高画質映像でお楽しみいただけるようになります。

ニコニコ生放送の詳細な説明は以下の「ニコニコ生放送とは」をご覧下さい。
http://live.nicovideo.jp/s/niconamaguide

音楽PVランキング/アーティスト生放送はココ! ニコニコチャンネル music